「免疫力低下の原因」糖尿病を予防する

2020年02月27日

今朝、2週間ぶりに床屋さんに行ってきました。
ここは格安チェーン展開をしているので、髪を刈ってもらいながら「何店舗ぐらいあるのですか?」と聞いたところ、5店舗に増やしてきたそうです。すでにオーナーは現場には立っていないそうで、「結構うまくいっているんだな」と思いましたが、何と糖尿病で目が見えなくなっているとのこと!

どんなに成功しても、肝心の健康を失っては・・・

ところで、今や(世界的に)新型コロナウイルスのことでいっぱいですが、重症化、または死亡する人の多くが糖尿病や高血圧などの持病があるんですね

こうした持病があると、確実に「免疫力」が低下して感染もしやすくなるし、重篤化することも想像に難くありません。

いかに日頃の体調管理、健康維持が大事だということですね!

さて、新型コロナウイルスの大きなリスク要因となる「糖尿病」を予防するには?
とにかく“血糖値”を高くしないことです

それには食事の中で摂る栄養素のことを知らなければなりません。特に次の3大栄養素のことは・・・。

炭水化物は100%、タンパク質は50%、脂肪は約10%が血糖に変化します。
その中でも、炭水化物(≒糖分)は血糖値が上がりやすい栄養素なので、とりすぎないようにしなければなりません。

3大栄養素血糖値上昇グラフ.jpg

ちなみに、糖分というと甘いものばかりではありません。ご飯はもちろん、せんべいやうどん、パスタやパンなどの炭水化物もほぼ100%糖分なので注意が必要です。

炭水化物食品と糖分量.jpg

まず、ご自分の血糖の状態を把握する必要があります。
とはいっても、通常の健康診断で検査するのは空腹時血糖値。数値が基準の範囲内であっても、食後の血糖が下がらず、高血糖状態がつづく人たちが急増しているのです

そこで、「ヘモグロビンA1c」の値がどうか?

健康診断の血液検査などで出てくるヘモグロビンA1c(HbA1cと表示)は、過去2ヶ月間の血糖の状態を反映しています。

酸素の運び役である赤血球にはヘモグロビンというタンパク質の一種が存在します。
そして、血液中に糖が多くなるとヘモグロビンが糖化する割合も高く、HbA1cは上昇します。

HbA1cの基準値は4.3〜5.8。この数値内であれば安心というわけではなく、なるべく低く抑える必要があるのです

血管内ヘモグロビン.jpg

ヘモグロビンの判断の基準.jpg

食後血糖値を下げるために『プロテイン・サプリメント』を利用!
サプリタイム.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:30 | 生活習慣病

高血圧の薬で20mmHg下げると死亡率10倍に増加!?

2020年02月25日

加齢とともに、血圧は上がっていきます。これは自然現象ともいえます。それなのに、薬で無理に引き下げようとすると、脳梗塞となる危険性が高まるという報告があります

これまで降圧剤をすすめられる血圧の目標値は次々と引き下げられ、高血圧の患者が増やされてきた経緯があります。

1987年に厚生省(現厚労省)によって、高血圧の判定は「180mmHg以上」とされていたものが、2004年日本高血圧学会によって「140mmHg以上」に引き下げられました。この判定基準のもとに、医師は降圧剤をすすめることになります

薬イラスト.jpg

ところが最新の研究で、最大血圧180mmHg以上のひとが、薬で160mmHg未満に下げると、(治療しない人に比べて)5〜6年間に死亡率が10倍になっていることが判明したのです

一般的に、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病の治療に用いられる薬は、重篤な副作用が起こりにくいとされています。しかし“落とし穴”があると警鐘を鳴らす医師がいます。

ナビタスクリニック川崎の内科医・谷本哲也医師はこう話します。

「薬に『副作用ゼロ』はありえない!

かりに飲み始めに副作用が出なかったとしても、体調の変化によって薬の効き方が変わってきた際に副作用が現われることがあります。また、他の病気が重なって飲み続ける薬の種類が増えることで、体に思わぬ影響が出るケースもあるのです」。

降圧剤と死亡例.jpg

塩分の摂りすぎには「動物性食物繊維のキトサン」を!
マックスピア.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/134
posted by Dr.ナガシマ at 16:07 | 生活習慣病

太る“カロリー”って何?

2020年02月22日

なぜ太るのか? その答えは簡単ですね。「摂取カロリー」が「消費カロリー」を越えてしまうから

遺伝や体質、運動不足、糖分や脂肪の摂り過ぎなど、いろんな意見がありますが、つまるところカロリーの摂りすぎなんです。

摂取、消費カロリー.jpg

ところでカロリーとは? コンビニやスーパーなどで食品を買うと、そこには「カロリー」が表示されています。また、ダイエットでは必ず「カロリー」の問題が取り上げられます。このように当たり前のように見聞きしてはいますが、知っているようで知らないのでは?

少しカロリーのことをご説明しましょう。

カロリーとは熱量、つまりエネルギーの単位です。具体的には「1カロリーは水1gの温度を1℃上げるのに要する熱量」と定義されます(ただ、国際単位系ではジュールを用いており、カロリーは認められていません)。

水とカロリー.jpg

そして日本では、カロリーは計量法で、
「人もしくは動物が摂取する食物の熱量、または“代謝(たいしゃ)”で消費する熱量」
としてのみ適用されています。

つまりカロリーとは、私たちヒトや動物が食べ物を食べて得るエネルギーや、私たちが活動や生命の維持に必要となるエネルギーのことです。

なお、“代謝(たいしゃ)”という言葉も出てきましたが、代謝とは、体の中で生じる化学変化とエネルギー変換のことで、いろいろな栄養素が分解・合成されていく過程(プロセス)のことをいいます。

これを物質(食べ物や栄養素)の面からみた場合を「物質代謝」と呼び、エネルギーの変化の面からみた場合を「エネルギー代謝」と呼んでいます。そして、肥満で問題となるのは主にエネルギー代謝のほうです

運動や活動、体温維持のエネルギーは、3大栄養素である「炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質」からつくられます。当然、これらの3大栄養素は食物によって体内に摂りいれられます。そして、酸素などの働きとともに消化酵素と結合して体内で合成されてエネルギーに変換されます(エネルギー代謝)。また、細胞の再生にも利用されます(物質代謝、あるいは新陳代謝)。

肥満解消法.jpg
https://www.sorawebshop.jp/page/65
posted by Dr.ナガシマ at 15:52 | 肥満防止

あまりにも怖れすぎではないか新型コロナウイルス

2020年02月21日

ここのところ、ちょっとBlogをお休みしていました。
実は「そら通信」の特集で、今度の新型コロナウイルスを取り上げようとして苦戦していたところです。

そこで、これまでに私なりにわかったことを書くことにしました。

新型コロナウイルスによる肺炎の死者は、中国政府(21日時点)の発表によるとによると、感染者が7万5465人、死者が2236人になっています。少し衰えたとはいえ、まだ増加傾向にあるようです。

一方、日本の国内ではクルーズ船(ダイヤモンドプリンセス)を除く感染者数が94人、死者数が1人(ただしダイヤモンドプリンセス関係では日本人2人が死亡)2月20日午後11時時点。になっています。ダイヤモンドプリンセスの患者数を入れて、728人が日本国内の患者数とされてしまうことには、私として納得できませんが・・・

さて今申し上げたいのは、世間で、世界で大騒ぎしているほどの恐さが新型肺炎(コロナウイルス)にあるのか? ということです

“新型”ではない肺炎は、 肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌などの細菌が原因で起こります。これらも新型コロナウイルスと同様に飛沫感染によるものです。

この“新型”ではない肺炎の死亡者数は2016年における肺炎死亡者数は男女合計で119,300人に達し,悪性新生物(がん),心疾患に次いで死亡原因の第3位になっています

また、肺炎死亡者の96.8%が65歳以上です

肺炎の年齢別死亡率.jpg

そして、新型肺炎(新型コロナウイルス)による死亡者の80%は60歳以上。その内の約75%に心疾患や糖尿病などの持病がありました
くわえて、感染者の8割は軽症で済んでいます(WHOの解析)

新型コロナウイルスの年代別死亡率.jpg

他方、米国ではインフルエンザのほうが、よほど脅威だと考えられているようです。

インフルエンザが原因で、アメリカでは毎年少なくとも1万2千人以上が死亡しています。最新データでも1月25日までの1週間の患者数が400万人増え、そのうち18万人が入院しました。とくに子どもの症状が深刻化するケースが多く、小児の死亡者数も過去にないペースで増えているといいます。

新型であるため、まだ治療薬やワクチンなどがない一方、症状としてはSARS(重症急性呼吸器症候群)に比べると軽く、風邪やインフルエンザに近いという見方も浮上しています。

「私たちは未知のものを恐れ、新しい新興の感染症についての情報を求める」「何が真の脅威で、何がそうでないのか、私たちはすぐには判断できない。だから、必要のないパニックを起こすことがある」と、米テンプル大学医学校のマーゴット・サボイ医師は話します。


新型コロナウイルスによって亡くなる人の特徴として、高年齢で持病があり体の抵抗力が低下しているということが考えられます(他のインフルエンザでも同じですが・・・)。

体の抵抗力とは、すなわち「免疫力」のことです

免疫力(とくに「リンパ球などの獲得免疫」)の下がった方が、重篤になり、死亡の危険性が高くなるのです。

頻繁な手洗いやマスクを着用するなどは当たり前のことですが、「免疫力」が極めて重要なポイントになることも忘れないでいただきたいと思います

免疫力に関係の乳酸菌は菌数の多さ
マックスピア.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/134


posted by Dr.ナガシマ at 17:17 | 健康の考え方

筋肉の減少で短命になるわけ!?

2020年02月09日

3種類の筋肉.jpg

筋肉には、体を支え、動かし、エネルギーを貯蔵するという機能があります。役割によって、大きく次の3種類に分けられます。

筋肉量が減ると、転倒したり、病気にかかったりするリスクが増え、さらには、肺炎や感染症、糖尿病などのさまざまな病気のリスクが高まってしまいます。

たとえば、血糖値は筋肉量に大きく関わっています。筋肉はエネルギーの貯蔵庫でもあり、血糖値の調整を行う働きがあります。食事をとると血液中の糖が多くなり、その一部は脂肪として蓄えられますが、むしろ、多くは筋肉にため込まれるからです。

糖が筋肉のエネルギー.jpg 

このため筋肉量が減ると、糖を貯めておく場所が少なくなり、糖を調節する能力が低下します。そして糖尿病になるリスクが高まってしまうのです

また、筋肉が減ることで免疫機能も低下し、肺炎などにかかる人が多くなります。
厚生労働省研究班の報告(2015年2月)によると、筋肉量の少ない高齢の人は、多い人に比べて死亡率が約2倍になるとの調査結果が報告されています

その一方で、筋肉量が多いほど長生きできることもわかりました。

何もしなければ、筋肉は下り坂.jpg

肥満解消法.jpg
https://www.sorawebshop.jp/page/65
posted by Dr.ナガシマ at 14:57 | 栄養

免疫力に関係の乳酸菌は菌数の多さ

2020年02月06日

今、新型コロナウイルスの感染に関し、高齢者や糖尿病の人の死亡が多いことが知らされています。その理由は免疫力の低下です。

一方、体全体の免疫の60%は腸内(腸管)に存在します。
この腸管免疫を活性化するのに乳酸菌が注目されているのです。

乳酸菌の数が少なすぎる!
そこで、乳酸菌入りの健康食品がさかんに売られていますが、乳酸菌の菌の数が少なすぎるのです。おおよそは、数億〜数百億個程度。

それに対し、腸内に棲みついている細菌数は500〜1000兆個にもなります。その中の善玉菌とされるのが約20%の200兆個。

つまり「200兆個Vs数億〜数百億個」で、健康食品の菌数では比較上、微々たるものになってしまうのです

したがって、健康食品といえども“兆”を越す乳酸菌を摂取することが求められるようになりました

腸管免疫の活性化!
体全体の60%の免疫は、腸管壁のパイエル板という所に集まっています。これを腸管免疫といいます。乳酸菌(死菌)はこのパイエル板という“穴”を通過して免疫細胞マクロファージを活性化するのです。

パイエル板.jpg

つまり、口から摂る乳酸菌の数が多いほど乳酸菌がパイエル板の中に入り込みやすく、免疫力を高めることにつながるのです

コンビ インフルデータ.jpg

マックスピア.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/134
posted by Dr.ナガシマ at 11:14 | 健康食品

新型コロナウイルス「マスクより免疫力」

2020年02月05日

新型肺炎(新型コロナウイルス)による世界での死者数は500人に迫り、世界的大流行となるパンデミックを怖れる各国は、その対策に乗り出しています。

そんな中、いよいよ日本でも感染が広がるかとの不安からか、ご多分にもれずマスクや消毒用アルコールが品切れに。ネットなどではマスクが通常価格の何十倍にも売られる始末!

(腐る物ではないから)普段の低価格のときに備蓄しておけばいいのに、と思ってしまいます(私の場合は、防災用としてマスクや消毒用アルコールも備蓄しているので、今のところあわてる必要はないようです)。

ところで、マスクはそれほど有効とはならないという専門家の話もあります。

2010年にフランス、2011年にタイの研究者が、家庭内でのインフルエンザ感染を減らすため、マスク着用を推奨したが、効果はほとんどなかったと報告。

厚労省結核感染症課は「せきなどの症状がある人はマスクを積極的に着けた方がいい」が、予防については「屋外などでは相当混み合っていない限り、効果はあまり認められない」と指摘。マスクで新型コロナウイルスが防げるとは言えないようです。

マスクの性能.jpg

ある専門家に質問メールがいっぱきているといいます。
「コロナウイルスの流行はどうなりますか?」「危険な病気はいずれアジアから西洋に向かっているのでしょうか?」「このウイルス性疾患に対するワクチンはない?」「このウイルスに対する抗体を持っていない乳児は死んでしまう?」「か弱い高齢者は救急車で病院の集中治療室に運ばれ、肺の中の液体(肺炎)で溺れて死んでしまうのだろうか?」

それに対して答えるのは・・・
「心配はご無用です。コロナウイルスは一般的な風邪のウイルスです」、と。

新型のコロナウイルスは鼻、副鼻腔、喉の上部に感染する一般的なウイルスで、風邪と同じ症状を引き起す。ところが「公衆衛生当局や報道機関が広めている恐怖感によって、地球がいま歴史的なパンデミックの真っただ中にいるかのように思わせられている」。

一方、このコロナウイルスに感染する可能性は0.0000017482%、死亡する可能性は0.0000001137%

それがインフルエンザとなると、アメリカでは年間1万2千人が亡くなっており、日本では大体年間1万人程度が亡くなっているという。新型コロナウイルスは、その性質がまだわかっていないこと、またワクチンがないということで、安易に比較はできませんが、われわれがパニックに陥るようなものではないらしい

新型コロナウイルスによる中国での死亡者の多くは持病があったと報告されています。大曲貴夫・国際感染症センター長は「健康な人の場合は、思ったよりずっと軽症」と指摘。「マスコミで醸し出されている印象との強烈な乖離(かいり)を感じる」と、過熱する報道を疑問視します

世界保健機関WHOによると、患者の年齢については、これまでのところ主に成人(それも高齢)だということであり、小さな子どもから高齢者まで幅広い世代で患者が報告されてはいる。

だが、死亡した患者は高血圧や糖尿病、それに心臓や血管の病気といった免疫を低下させるような持病があった人が多い。死亡した人の割合を示す致死率については、現在のところ2%から3%程度で推移しているようです。

つまり現在とのことろ、風邪やインフルエンザと同様の対策をしておくこと。だからといって、マスクは買い占めに走るほどの効果はないと言っていいでしょう。
それよりも・・・、

●手洗いをしつかりやる
●できる限り人混みには出ない
●夜更かしや深酒などはしない
●防寒をしっかり


冷えは万病の元.jpg

などなど・・・

今、世界中の人々を脅かしているコロナウイルスは「RNAウイルス」であり、個人個人の免疫力で根絶されることに抵抗している段階なのです。

つまり、自身の免疫力(抵抗力)をいかに下げないか、むしろ上げることをやるほうが、マスクを買い走るよりも何倍も重要なのです。

マックスピア.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/134

posted by Dr.ナガシマ at 15:33 | 健康の考え方

医療と、どうつき合うべきか!?

2020年02月03日

最後にたどりすいた真実とは.jpg

最近では「医者は病気を治せない」ことが、あからさまになってきたようです。

例えば、聴診器すらあてない医者。

聴診器は身体診察(山ほどある検査の中から必要な検査を選び出す事前の検査で重要なプロセス)の上でも重要であるとされます。
ところが、基本的な方法であるにもかかわらず、最近は軽視されるようになってきました。聴診器をあてるなどの身体診察は、かなりの経験を必要とする技法だからのようです。

こうした主観的な検査方法には、それこそ“達人技”が必要であり、経験の浅い若い医師には聞こえない何かが、長年の経験を積んだ医師には聞こえるといいます。
 
一方、最近の医療というのは検査データにたよるだけで、医者自らの判断ができないのです。データだけで判断するのならコンピューターとそう変わりがないのでは?

どんな病気でも部分で判断できるものではありません。例えば、がんにしても、その病巣を切除したからといって完治したことにはならないのです。

「このがんの根本の原因は何か? どういう治療をしたら、その後のQOLを維持できるのか? 再発の危険はないのか? 生活習慣をどう変えるべきなのか? などなど」、その患者にとってあらゆることを考慮しなければなりません。

それに対し、現代の医療というのは、まさに「木を見て森を見ず」「群盲像を撫でる」のごときです。

結論として、「今の医療は、自分の病気の正しい情報を得たり、プラスに働く手助けをしてもらったり(マイナスになる治療は絶対に受けない)」とすることが主な目的。

しかも「最終的な判断は自らが責任をもってする」ということ!
自分の命を他人任せにはできません。

“お任せ医療”ではなく、自分の命に自ら責任を持つのです。


そらサプリ.jpg
https://www.sorawebshop.jp/
posted by Dr.ナガシマ at 16:30 | 健康の考え方

「最後まで元気」には、生活習慣病対策が欠かせない!

2020年02月02日

生活習慣病とは、毎日のよくない生活習慣のつみ重ねによってひき起こされる病気です。日本人の3分の2近くがこの原因で亡くなり、健康に対する最大の阻害要因になっています。がん、心疾患、脳血管疾患(脳卒中)、糖尿病などの命にかかわる病気が多く、要介護の原因にもなっています。

生活習慣病.jpg

最近では、メタボリックシンドローム(通称メタボ)も生活習慣病の一つとして大きな問題となってきました
メタボとは肥満による内臓脂肪症のことをいい、これを要因に高血糖、脂質異常、高血圧などを引き起こすのです。また、これらの症状が重複すると生命を脅かす危険度が極めて高くなります。

その一方で、生活習慣病は(日常生活の中で)、適度な運動、バランスの取れた食生活、禁煙などを実践することで、十分に予防が可能になるのです

おとなだけじゃない.jpg

夕食十分のダイエット法.jpg

そらサプリ.jpg
https://www.sorawebshop.jp/
posted by Dr.ナガシマ at 14:02 | 肥満防止