なぜ、日本人ばかり“がん”が増えているのか!?

2019年11月28日

■何と、日本人のがん死亡率は米国の1.7倍!

あまり知られていない不可解な事実が!
先進国の中で日本だけが、がん死亡数が増加し続けているのです。わが国の医療は世界トップレベルのはず。ところが、がんの死亡者数は30年間で2倍にも

「じつは、がんの死亡数が増え続けているのは、先進国では日本だけです」東京大学医学部附属病院放射線科准教授の中川恵一氏はこう断言します。

日本人の平均寿命は世界一ということが独り歩きし、日本人は健康なのだと思いがち。
でも、そう考えているのは我々日本人だけらしい

米国で1年間にがんで死ぬ人は、約58万人。日本人は約37万人だが、米国の人口は日本の約2.7倍。その比率で換算すると、日本人のがん死亡数は米国の1.7倍にもなっているのです。

意外なことに、日本は先進国であるにもかかわらず、先進国でがんが原因で亡くなる人が増え続ける唯一の国

■日本が「がん大国」である「本当の理由」とは?

いまや日本ではがん患者が増え続け、2人に1人が罹り、3人に1人が死にます。
がん研究振興財団が昨年発表したデータでは、1年間で新たにがんと診断された人は約75万人。がんは日本人の死因トップ。

今の日本人は・・・思っているほど健康ではない!
高齢化が進むにつれてがんに罹る人が増える。でも、それだけでは説明がつかない事実があります。

考えてみれば、日本で特に急速に進んでいるとはいえ、高齢化は欧米諸国でも問題になっています。しかしながらドイツ、イタリア、フランスなどでは、がんの死亡数は増えていません。

西台クリニック院長の済陽高穂医師は、アメリカでの例を挙げて、食生活の変化が要因だと指摘します

アメリカでは、がんなどの現代病が増え続けて国家の財政を圧迫していることが問題視されていた。それで当時のフォード大統領が、栄養問題特別委員会を設置し、国民の栄養と病気の関係を徹底的に調査させた。

結果、現代病は薬では治らない。がんを減らすには食事の内容を変えなくてはいけない、ということがわかった。それを受けて、がん予防の国家プロジェクトを展開し、その成果が実って、'92年以降増え続けていたがんの死亡数が減少に転じたのです。

今の日本人は、自分たちが思っているほど健康的ではない。食生活の欧米化が進み、肉の摂取量は50年間で約10倍、脂肪分は約3倍にも増え、逆に野菜や果物の消費量は減り、米国を下回っている。

日本人は運動量も少ないし、いまでは多くの米国人のほうが健康的な食生活を送っています。

さらに深刻な問題は、日本人の口には「食品添加物、農薬、有毒化学物質」が大量に入り込んできて“体内を汚染”していること。今や「生活習慣病」ではなくて、むしろ「生活環境病」だとさえ言われているのです。

■日本人の口に沢山入ってくる危険物!

口に入ってくる危険物.jpg
世界一の食品添加物大国.jpg
メチル水銀.jpg
ダイオキシン.jpg

マックスピア.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 11:39 | 健康の考え方

宅配夕食弁当の問題点とは?

2019年11月27日

最近、一人暮らしの高齢者などを対象にした「宅配弁当」が盛んに宣伝されています。
自炊ができずに、栄養不足になりがちな場合には、便利で、安心にもつながるというふれこみです。

ところが、その宅配弁当が“新型栄養失調を助長する”としたら・・・!?

以下は、『食事でかかる新型栄養失調』(三五館出版)の中から、Y社の夕食宅配弁当「M御膳」の例を抜粋したものです。

***
このY社の夕食宅配は比較的人気が高かく、「冷凍ではなく、毎日手づくり」「栄養バランスに配慮した和食中心の献立」とPRしています。高齢者向け「M御膳」は、おかずの種類が豊富で、味もおいしく、上品によくまとまっている。だから、私たちも期待を込めて三食分を混合して検査に出しました。

すると、残念ながらミネラルの摂取にはまったく配慮していないという結果が! 検出値を70代男性の基準と比較したところ、5種類のミネラルとも基準を大幅に下回っていたのです。

高齢者は、食事の量が減っているうえにミネラルの吸収率が下がるから、ミネラル摂取量を増やさねばならない。「M御膳」は、そういう配慮がないのでミネラルが大幅に不足している。神経系を調節するミネラルが少ない食事を食べ続けると、躁うつ病になったり、認知症になったりする可能性が高まる

こうした食事なら、宅配してもらわないほうがいい!

Y社宅配.jpg

サプリタイム.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 11:50 | 健康の考え方

フレイルと筋肉減少症対策にプロテインサプリメント

2019年11月26日

最近、中高年層のフレイル(虚弱体質)が非常に問題となっています。
フレイルにより要介護となるケースが多くなっているからです。

その原因の多くに肉や魚などの動物性タンパク質の不足が上げられます。
タンパク質は筋肉を作るための重要な栄養素ですが、年齢が高くなるほど、食欲の低下やかむ力の衰え、歯の悪化などから、手軽に食べられる炭水化物のみの食事が多くなり、タンパク質不足になってしまうのです。

その対策に、1日1食の高濃縮タンパク(プロテイン・サプリメント)利用がすすめられます。なぜなら、筋肉減少症(サルコペニア)の予防に対しては、十分な量のタンパク質を補給しなければならないからです。それも、中高年層の隠れ肥満(内臓肥満)の問題があるため低カロリーでなければなりません

かりに動物性タンパク質食品の牛ステーキを食べて、プロテインサプリメントと同量のタンパク質を摂ろうとしても、ビタミンやミネラルが不足してしまいます。一方、カロリーが高いという問題があります。しかも毎日のように、食牛ステーキのようなタンパク質食品は食べられません。

その点、プロテインサプリメントであれば、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富にバランス良く摂取することができます。吸収性も高いので摂取に対しての負担もありません。

とくに中高年層においては、フレイルやサルコペニアの予防に、確かな効果の期待できるプロテインサプリメントを利用しない手はありません

サプリタイムV牛ステーキ.jpg
サプリタイム.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/141
posted by Dr.ナガシマ at 11:00 | アンチエイジング

がん治療に、その甲斐があるのか?

2019年11月18日

がんは、あらゆる病気のなかでも最も死亡率が高く、長年日本人の死亡原因の第1位。

そして、がんの恐ろしいところは、初期ではほとんど自覚症状がないことです。そのため“健診”で発見されることが多いのですが、発見されたときにはすでに進行していて、手遅れということも少なくありません

しかも「5年生存率(診断から5年後に生きていた人の割合)」でみた場合、難治がんといわれる膵臓(すいぞう)がんで約10%、肺がんで約40%、食道がんで約44%と、必ずしも治療効果が高いとはいえません。

さらに「10年生存率」でみると、5年生存率から半減してしまいます。

つまりは、がん治療は「やってみなければ、助かるか? どうかは? わからない?」というのが正直なところではないでしょうか(「絶対」はないということです)。

治療中のQOL(生活の質)も著しく低下し、術後も後遺症などによって完全に元の体にもどることはありません。そもそも不可欠な臓器をゴソッと取ってしまったりするのだから、そうなるのは当然のことです。

とくに高齢者になるほど、がんに罹る率は高くなります。すべてのがん患者における65歳〜75歳が約30%、75歳以上で約40%を占めています(65歳以上で7割)。

年齢とがんの罹患率.jpg

治療で・・・QOLの低下も!? 

がんの告知を受けた場合、施される治療方法は、おおむね「手術」「抗がん剤」「放射線」の三大療法です。これらの治療法には、副作用、合併症、後遺症などのリスク(危険)が必ずともないます

がんの三大療法.jpg

でも、これらのリスクを冒して得られる「(その病気により判断される)余命」と「(自然の)寿命」とを比べて利益が見込めるかは疑問です。治療にともない“寝たきり状態”になってしまう可能性もあります。若い世代の治療と比べると不利益な点がかなり多くあるのです。

「がんは、何も治療しない方が穏やかに死ねる例が多い」と話す医師さえいます。

≫どんな人でも毎日5000個ぐらいの細胞が、がん化しているといわれています。でも、私たちの身体に備わっている免疫の力で退治しているので、がんが増殖しなくてすんでいるのです。ところが、年齢とともに免疫力は衰えてくるので、がんが増えてくるのは当然のことです

一方、胃がん・肺がん・大腸がんなどは抗がん剤を使っても、多少小さくなることはあっても消えてなくなることはありません。それに対し「抗がん剤」は猛毒で、正常な身体の組織や細胞に甚大な被害を与えてしまいます。当然、QOL(生活の質)が落ちヨレヨレの状態になってしまうのです

青息吐息のヨレヨレ状態で生きてもあまり意味ないでしょう。長生きするつもりが、苦しんだ末に命が短くなっているのも現実なんです。

「がんで死ぬんじゃないよ、がんの治療で死ぬんだよ」というわけです。(京都社会福祉法人老人ホーム診療所所長、医師。中村仁一氏談より)≫

よく、50代〜60代を「がんの適齢期」といいます。この年代の死亡者の半数近くが、がんを原因にしているからです。いまや全体の2人に1人が罹り、3人に1人が死亡する「国民病」ともいえる「がん」。その治療効果も定かなものではありません。

残りの限られた人生で著しく生活の質を下げてしまう「手術」「抗がん剤」「放射線」などは、もう止めようという選択肢もあるのかもしれません・・・

70歳を超えたら「寿命」と覚悟したほうがイイ!

私も今年で71歳をむかえ、この機会にとくに決めていることがあります。ケガや細菌感染のような『外因性の疾患』であれば、医療を頼りにしますが、がんや脳梗塞などの『内因性の疾患』では治療しないことにしました。

正直いいますと、『内因性疾患』で医療は頼りになりません。かえって悪くしてしまうことさえ少なくないと思われます。

ですから、仮にそうした疾患で死んだとしても、それは「寿命だ!」と考えることにしています。
仮に目標の110歳まで生きられたとしても、残り1/3の人生。過酷な治療で台無しにしたくはない。

そう言う前に、まずは内因性疾患に罹らないための“不断の努力”が不可欠です。
(医者いらず)健康でいるからこそ“ピンピンコロリ”が達成できると確信するからです


そらサプリ.jpg
https://www.sorawebshop.jp/
posted by Dr.ナガシマ at 15:55 | がん予防

なぜダイエットがうまくいかない!

2019年11月15日

健康的に体重を減らし、それを維持していくためには・・・
必ず「3つの条件」を満足していなければなりません。

その条件とは?


ダイエットの3条件.jpg

なぜ、他のダイエットは失敗するのでしようか・・・。
ただ体重を減らすことだけを目的にして、「栄養」のことはほとんど考えていないからです。
また、食欲を我慢させるために、かえって食欲が増し、よけいに太ってしまうのです。

『ダイエット成功のための3つの条件』をクリアしなければ、
持続的なダイエットの成功はけっして望めません。


いろいろなダイエット方法の比較.jpg

BOSSダイエット.jpg

posted by Dr.ナガシマ at 15:55 | ダイエット

毎日の運動、スポーツでもダンスでもやれば目的ができる!

2019年11月13日

先日7日の井上対ドネア戦、すごかったですね!
ドネアも36歳のトシとはいえ、やはり5階級王者。強い、上手い、タフ、録画で5回も観てしまいました。

さて、私も昨日ジムへ。(お恐れながら)ドネアの動きを参考にしながらリングに上がりました(井上の真似はとっても無理!)。

マスボクシング.jpg

たぶん相手のOさんは、私よりも40歳以上年下でしょう。
70歳越した私でも、こうして楽しめるボクシング。

アンチエイジングも目的ですが、まだまだ上手くなれると思える(驚)のがボクシングのいいところ・・・!

今は週に1回のジム通いですが、大腰筋や体幹を整えるための毎朝のトレーニングは欠かしません。

やはり何でもイイ。スポーツでもダンスでも、そういう目的があると毎日の運動も楽しくなるし、飽きないようになると思います。

そらサプリ.jpg
https://www.sorawebshop.jp/
posted by Dr.ナガシマ at 11:15 | アンチエイジング

甘い! 介護への考え

2019年11月09日

親の介護はしかたがないにしても、自分の場合は(自分の子どもらに)介護をさせたくない、とアンケート調査で多くの人が答えています。

でもこれは、あまりにも非現実的、希望的観測にすぎません

誰が介護すべきか?.jpg

これも調査の結果ですが、『自分や家族に介護が必要になった場合には、介護資金の準備はしていますか?』という質問に対して・・・

そのほとんどの人が介護の心配は「お金」と答えているのに、実際に「介護資金」などの準備をしている人は1割にも満たないというのです
【アンケート詳細】 500名(男性250名・女性250名)、回答年齢は20〜60歳、調査期間(2014年10月1日〜10月3日)

そうなると堂々巡りとなって、結局は介護保険や自分の子らをあてにするようになるのではないでしょうか? あるいは「自分は介護には絶対にならない」と考えているのか(半数以上の人が「自分は介護を受けることはない」と答えているのですから)?

しかし、現状はどうか? 
特に女性の場合、「要介護認定率」は男性の1.5倍にもなり、平均寿命近くの85歳で約6割、90歳を越すと7割以上もの人が要介護になっているのです。


要介護認定率に男女差.jpg

介護は希望的観測ではなく、よくよく現実をよく見ておかなれればなりません。
自分を含め、高齢者であっても健康に対し“自ら”責任を持たなければいけない時代なのです


そらサプリメント webショップ
posted by Dr.ナガシマ at 17:02 | 健康の考え方

運動で減らすか? 食事で減らすか?

2019年11月08日

昨日の「井上Vドネア戦」、すごかったですね。
井上もスゴイけど、ドネアもスゴイ!
本当に心に残る一戦でした。

さて一般的に、運動で痩せられると思っていますよね(ボクシングの減量と勘違いしてもらっては困ります)。
たしかに運動で筋肉が付いて、基礎代謝量が増加すれば、エネルギー消費量が増えるのだから痩せやすくはなります。でも、直ちに痩せられることにはつながらないし、期待したいほどには痩せられない! しかも続かない!

それこそスポーツクラブなどに通っている人達は、そこを勘違いしているように思われるんですね。お腹でっぷり、体脂肪たっぷりで痩せられないおじさん方、おばさん方が結構いるのもうなずけます。

太るか痩せるのかは、結局のところ「摂取カロリーと消費カロリーとの関係」

摂取、消費カロリーの関係.jpg

つまり体重を減らすためには、大菱形1摂取カロリーが消費カロリーよりも少なく」なければならない。さらに減量後の体重を維持するためには、大菱形2摂取カロリーが消費カロリーと同じ」にする必要があります。

いくら運動をやっても、トータルの消費カロリーが摂取カロリーを下回ってしまえば、結局は「太る」ことになってしまうのです。しかも、運動による消費カロリーは思ったほど多くありません

運動か?食事か?.jpg

たとえば10kmのランニングにおける消費カロリーは300〜400kcal程度。水泳1時間の消費カロリーも300kcalほどにしかならない。ケーキ1個(350kcal程度)食べたら、それで終わり!

ちなみに、体脂肪を1kg燃やす(体重を1s減らす)のに消費しなければならないカロリーは、“7000kcal(4日間の絶食に匹敵する)”です。

すなわち「肥満解消」の基本は、運動ではなく「食事のコントロール」なのです

BOSSダイエット
https://www.sorawebshop.jp/page/65
posted by Dr.ナガシマ at 16:24 | ダイエット

ダイエットにも、アンチエイジングにも最高!!

2019年11月06日

昨日は、1週間ぶりのボクシングジム。Fトレーナーとのスパーリング(マス)をやりました。Fトレーナーは作新学院ボクシング部の出身、受賞経験もある実力者です。年齢に関係なくリングに上がれるのが、ボクシングのいいところですね! 

ダイエットにも、アンチエイジングにも最高!!

Fトレーナーとマス.jpg

そらサプリメント webショップ
posted by Dr.ナガシマ at 10:53 | ボクシング

浅草 街ランに行ってきました!

2019年11月05日

スタートは東京スカイツリーから。思いの外、人は少ないようです(見物客は、もう一段落したのかな?)。

隅田川にかかる言問橋のたもとにある公園池。子供の頃、よく遊びに来ました。

言問橋の上から、スカイツリーを望む。

台東区立富士小学校前(富士幼稚園併設)。私の卒園、卒業校です。
ここから人生が始まった感じ・・・

浅草観音様を望む。

観音様から仲見世方向を望む。観光客(外国人も)多いですね。
私の子供の頃は、この寺の前で凧揚げなどができるほほどに人通りは少なかった・・・

昼食は、梅園で「餅ぜんざい」です!

4.15q、約1時間のスローランでした。
(adidas Runningアプリはいいですね!)

浅草街ランコース.jpg
Aスカイツリー前.jpg
B言問橋たもとの池.jpg
C言問橋の上から.jpg
D富士小学校前.jpg
E観音様を望む.jpg
F仲見世方向を望む.jpg
G餅ぜんざい.jpg

そらサプリメント webショップ
posted by Dr.ナガシマ at 10:51 | 運動

平均寿命よりも「健康寿命」

2019年11月03日

日本人の「平均寿命(2013年)」は、男性80.2歳で世界4位、女性86.6歳で世界1位となっています。しかしこれは、寝た切りになっていようが、病院のベッドで延命治療を受けていようが、生きている限り計算される寿命です。

それに対して、世界保健機関(WHO)が2000年に打ち出した「健康寿命」という考え方があります。健康寿命とは、健康上の問題がなく、日常的に介護を必要とせず、自立した生活ができる期間のこと。日本人の場合、平均寿命と健康寿命の間には男性で約9年、女性で約13年もの差があります(短くなっています)。

平均・健康寿命.jpg

つまり、介護が必要になっている期間は、約10年にも及んでいるということになるのです。

世界有数の長寿国といわれながら、一方で、がんや脳卒中、心臓病、糖尿病などの、いわゆる「生活習慣病」の死亡者数の割合が6割以上にも達しています。

しかも、要介護になる原因の多くが、この「生活習慣病」です

要介護になる原因.jpg

健康寿命を損なう7大疾患というのがあります。その多くは生活習慣の改善などによって予防が可能です。
・心臓病・脳卒中・骨粗しょう症
・糖尿病・変形性膝関節症・がん
・認知症


さらに、次の機能不全の防止が重要になります。
・ロコモティブシンドローム(運動器症候群)・サルコペニア(筋減弱症)

寝たきりになっても長生きしたいと思う人は少ないでしょう。

そうならないためには当たり前のことですが、「生涯を健康」でなければならないのです。

そらサプリメント webショップ
posted by Dr.ナガシマ at 16:08 | 健康の考え方

年齢とともに“お腹ぽっこり”、なぜ?

2019年11月01日

昔と食事の量も、それ程変わってないのに太るのはなぜ? 「とくにお腹が・・・」

その大きな原因は「基礎代謝量」の低下です。ヒトが消費するエネルギー量(カロリー量)は、男女共に10代〜20代をピークに、50代にもなると1日150kcal近くもの基礎代謝量が増えてしまいます(ご飯1膳分に相当)。

年齢と基礎代謝、内臓脂肪.jpg

基礎代謝(きそたいしゃ)とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するのに必要なエネルギー(カロリー)のこと。年齢が上がると、この基礎代謝量が減るのに摂取するカロリー(食事量)はあまり変わりません

つまり、そのことで余る分のカロリー量は脂肪に変換されて「体脂肪」となってしまうのです。とくに、お腹周りの「内臓脂肪」が増えるので、“お腹ぽっこり”に。

内臓脂肪.jpg

40代をこえて「中年太り」、「メタボ」に!

「いや、年齢が上がってからは食事量を減らしている」と言う方もいらっしゃるでしょう。でも調査によると、その多くは、肉や魚などのたんぱく質、野菜などに多く含まれるビタミン・ミネラルの摂取量が減り、ご飯やそば、うどん、パンなどの炭水化物は減らないで、むしろ増える傾向にもなっています。

この多飲水化物とは、つまりは「糖質」のこと

「標準体重だから問題無い」と言う方。これこそ「隠れ肥満」が問題なのです
隠れ肥満とは? 体重は標準でも「体脂肪は多く、筋肉は減少する!」。老人性要介護の危険な兆候となるサルコペニア(筋肉減少症)にもなりやすい。

しかも、こうした肥満は、がん、心臓病、脳卒中、高血圧、糖尿病などの要因になることが最近の研究で明らかになってきました。

年齢が上がっても正常な体脂肪と体重を管理し、サルコペニアを予防する必要があります。“お腹ぽっこり”は特に気をつけてください。

今からでも遅くない、生涯肥満しない肥満解消法『BOSS法』をぜひお試しください

BOSS法.jpg

BOSSダイエット
https://www.sorawebshop.jp/page/65
posted by Dr.ナガシマ at 11:36 | 肥満防止