プロテインで血糖値を抑える!

2019年02月23日

大抵の人が血糖値を測定するのは、健康診断などです。この場合、空腹時に計測しているので「私は血糖値が低いので大丈夫!」というわけにはいかないのです。

実は最近、「糖化AGE」が問題になっています。糖化とは、たんぱく質が糖によって変質することです。
体内では、筋肉をはじめたんぱく質でできているものがいろいろあります。それらのたんぱく質が、血流で運ばれる糖によって変質してしまうのです。

この結果、肌のたるみやシワ、動脈硬化、認知症、骨粗鬆症などの、いわゆる老化現象を促進します。

この糖化に関しては、空腹時の血糖値ではなくて“食後の血糖値”が問題なのです

糖化すると具体的に、どのように老化がすすむのでしょうか?

例えば、AGEが骨に蓄積すると、褐色に変性し脆くなってしまいます。
(骨粗しょう症と糖化が同時に進行することもあります) 

糖化した骨.jpg

そこで、AGEを蓄積させないようにするためにどうするか?
ようは食後の血糖値をいかに上昇させないかなのです

血糖値を上げない食べ方グラフ.jpg

下の図を見てください。

食べ方による血糖値の変化.jpg

Aの線は「糖分や炭水化物」が多い食事をしている場合の血糖値の変化です。
食後すぐに高血糖になり、過剰にインスリンが分泌されるので、その後、急激に下がって低血糖になります。このため再び空腹感に襲われてしまいます。

またBの線は、なるべく血糖値を上げない食べ方をした場合ですが、実際には、このような食べ方をするのは難しいと言えるでしょう。

では具体的に、どうしたら血糖値の上昇を緩やかにできるのか?

Cの線は、食事にプロテインサプリメント(当社の場合は『サプリタイム』)を併用した場合で、食後の血糖値の上昇がほとんど見られません

そもそも今の食事は、糖分と炭水化物、脂肪が過剰で高カロリーの一方で、良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルが不足しがちなのです。

これを修正するためには、糖分や脂肪などを低くしてカロリーを低下させ、ぎゃくに良質たんぱく質、ビタミン、ミネラルを高くすることが重要になります。

プロテイン・ビタミン・ミネラル配合の総合栄養食品『サプリタイム』
posted by Dr.ナガシマ at 16:58 | 生活習慣病

もういい加減、年齢を気にするのはやめようよ!

2019年02月15日

昨日もジムに行ってきました。

マススパーリングでは始めての相手。かなり重量級で経験も豊富なタイプ。
(やっぱりボクシングだけでは痩せられないな〜!?)

終了してリングから降りると、いきなり「トシはいくつなんですか?」と聞いてくる。

マススパー ボタ.jpg

ああ〜、来たか、と。
(私のテクニックの方が上だから、気になったのでしょうが・・・)

「トシ聞いて、どうするのよ・・・」と言いたいが、それではトゲが立つ。

『他人に話せるようなトシではないので・・・』と、適当に答えておきました。

そもそも、ボクシングジムに行って、トシが関係あるのだろうか?
(そんなこと考えたくもないから、ジムに行っていることもあるのに)

だいたい、日本人は他人のトシをすぐに聞きたがる。
たぶん、年代グループ分けで人を判断したいんでしょうね。

でも、年齢で何が計れるのだろう? 何がわかるの?
50歳、60歳で亡くなる人もいれば、100歳以上生きる人もいる。

個人個人、全然違うわけですよね。

<だいたい日本人は年齢を気にしすぎ>だそうです。

アメリカの例ですが、履歴書に生年月日を書くことや年齢を聞くことは
基本的に禁止されているようです。
とくにアメリカ人の女性は年齢を聞かれるといい顔をしない人が多い。

年齢は単に数字に過ぎないと考えていて、年齢に関係なくキラキラと
充実した人生を送ろうとするからとのこと。

実は、私の目標も80歳になってもリングで対戦すること。
もし、90歳でそれができたら“取材”が来ますよね(笑)。

つまり、いかに健康を持続することが重要かということなんですね。
個人個人、違うと言っても、その努力は十分にできるはず。

健康は、誰でもが手に入れられることなんです!

そう私は確信しています。

SORAのサプリメント、スキンケア
posted by Dr.ナガシマ at 11:48 | アンチエイジング

病気を治すのは誰!?

2019年02月12日

病気になれば、誰しも病院や医者を頼るのは当然のことです。
でも、そのことにまったく疑問の余地はないのか? 

「自らの命」を全部、病院や医師に預けなければならないのです。

「医師を信頼しなければ治療にはならない」とは言います。
本当でしょうか? 信頼しようがしまいが、そのことと治療にはほとんど関係ありません

なぜなら彼らは治療のプロ。どんな場合でも、治療への全責任を持たなければならない立場です。

だからといって、医者は神様ではありません。医療にも限界があります。
そのことを知っていないと、とんでもない目に会って大きな後悔になるとも限りません。

「そもそも日本の患者は、病院や医師を信用しすぎるのではないか」という話があります。
諸手を挙げて頼り切り、どうにもならないのに何とかなるだろうと思い込んでしまう??

誤解してほしくないのですが、医療を否定するつもりはありません。
しかし、病気は本来、医者が治すものではなく、自ら治すものではないでしょうか。

考えてもみてください。簡単な話、傷を負ったとします。
確かに病院に行けば消毒したり、傷を縫合したりしてくれます。

でも、元通りにするのは自分の持つ『自然治癒力』なのです。
治療はあくまで補助的なものにすぎません。

病気にならないようにするのも、結局は自分。治すのも自分なのです

ヒポクラテス.jpg

posted by Dr.ナガシマ at 10:35 | 健康の考え方

気休めではないか? 青汁!

2019年02月08日

「青汁」、その宣伝の内容をみてみると、だいたい次のようになっています。

 「好き嫌いが多くて偏りがち、なんとなく体調がスッキリしない、野菜不足が気になる」

「体調を整えるもととなる栄養素が豊富に含まれている野菜、きちんと摂りたいですよね」

 「実は、あらゆる世代が野菜不足の状況。やっぱり野菜をしっかり摂りたい! スッキリみずみずしく毎日を過ごしたい! そんな健康志向の方に、おすすめしたい」

「1日たったの1杯で野菜不足解消!」


とどのつまりは、野菜の栄養不足をこの青汁で解消しようってことなんですね。または、濃い葉っぱの色のジュースを飲んでいると、「体にいいものを摂った!」という気分になれるのかも・・・。

でも、どんな栄養成分が、どのくらい摂れるのかを知らなければなりませんね。

青汁各社の説明内容をみてみると、ほとんどが、「主にビタミン、ミネラルが野菜以上に豊富に含まれ、これを飲むだけで、それらの栄養が豊富に摂取できる。このため野菜不足が解消できて、健康になれる」と、受け取れるような表現になっています。

そして、その内容成分・栄養素量についても表示されています。

でも、ここで気をつけなければならないのは、ほとんどの製品が「100グラムあたり」の表示になっていること
それも極めて小さな字で・・・

一方、粉末となっている青汁1杯分の量は、たかだか3〜4グラム。つまり、100グラムの1/30ぐらいということなので、栄養素量もその割合で計算する必要があります。

青汁の栄養成分.jpg

当社でも、栄養補助食品として『サプリタイム』をおすすめしています。その内容成分と栄養素量は「青汁とは、まったく比較にもなりませんね!」

青汁とサプリタイムの比較.jpg

プロテイン・ビタミン・ミネラル配合の総合栄養食品『サプリタイム』

posted by Dr.ナガシマ at 10:44 | 健康食品

ボクシングだけでは痩せないな!

2019年02月01日

昨日、1週間ぶりにボクシングジムに行ってきました。

小さなジムですが、めずらしく女性が体験練習などで4人も集まっていた。

その他にも練習生やコーチを入れると十数名でいっぱいです。

ところで失礼ながら、来ている女性のほとんどが肥満体型とは!?

だから、ボクシングに興味を持ったのかもしれませんが・・・

でも、中にはベテランの女性も見受けられたので・・・

「やはり、ボクシングだけでは痩せられないんだな!」

そもそも運動だけで痩せようというのが無理なんですね。男女問わず。

プロボクサーだって、減量には食事制限。

つまり、食事の影響がいかに大きいかということですね。

さて、私はリングで30代の練習生を相手に(マス)スパーリングをやりました。

我ながら、よくやれるよな〜、と思います。70歳にもなって・・・

スパーリング.jpg

★★BOSSダイエットweb
posted by Dr.ナガシマ at 17:48 | ダイエット