90歳でも筋力は増強できる!

2014年10月30日

アウターマッスル、インナーマッスルなど、これらの全ての筋肉が力強くスムーズに動けてこそ、生き生きとした健康的な身体を維持することができます。このことは年齢に関係ありません。たとえ90歳であっても筋力の増強が可能になるようです。

【高齢者の体力づくり (第17回健康科学公開講座4)京都大学医学部保健学科紀要: 健康科学 (2005), 1: 39-45】によれば、90歳以上の超高齢者であっても筋力トレーニングにより筋力増強が認められたといいます。
8週間のトレーニング後に大腿四頭筋の筋力が約2倍に,筋横断面積も約11%増大することが確認されたのです。

こうした研究結果などから,超高齢者であっても若年者同様,筋力トレーニングによって加齢による筋力低下を防ぐだけでなく,筋力増加さらには筋を肥大させることも可能であることが実証されています。

私たちの筋肉の数は全部で600個あるそうです。どれが重要で、どれが重要でない筋肉などということはありません。すべてが重要です。
では、スポーツジムなどにいって、マシンで筋力を鍛えるようなことはどうでしょうか? けっしてスポーツジムを否定するものではありませんが、時々いってはきまった筋肉しか鍛えない、という偏ったトレーニングではダメだということなのです。

全部の筋肉を動かすようないろいろメニューのトレーニングが必要です。
となれば時々の運動ではなくて、毎日30分から1時間ぐらい(家の内で)できるような運動をしたほうがいいのです。

もっと効率的なトレーニング方法もあります。それは日常生活のなかで、できるだけあらゆる筋肉を動かすような意識をもって活動することです。
例えばエスカレーターなんか使わないで、階段を登るようにする。歩くときも大腰筋や肩甲骨などを意識した正しい歩き方をする。掃除だってトレーニングの一環になります。
ちょっとした工夫なのです。

健康的な自立を阻害して「要支援・要介護」となような原因は疾病より,むしろ著しく進行する心身の虚弱化(サルコペニア)が大きな要因ともいわれています。
運動
posted by Dr.ナガシマ at 10:24 | アンチエイジング

胃がんのステージ1で手術、本当に良かったか!

2014年10月28日

昨日、顧問契約をしている税理士さんが決算のため来社されました。もう20年以上の付き合いになるのですが、久しぶりに会って驚きました。70歳近くになるその税理士さんは“激やせ”で体重が12s減ったというのです。

実は胃がんに罹って胃の全摘手術を受けたとのこと。 「それでも医者からはステージ1と言われたので良かったです」と彼はいいます。本当にいいのでしょうか?

確かに、胃がんのステージ1での5年生存率は90%ちかくあるようですが、「本当に良かったことにはならない」のでは? 外科手術上では、がん病巣が完全に切除され、しかも、その後5年間生存できれば完治したことになるのでしょう。

けれども、なぜ? がんに罹ったのかという根本的なところが問題です。実は、その根本のところは、はっきりとは分かっていなのだから対応のしようもないのですが・・・。

でも、その根本が治せない以上は、いつ再発があっても不思議ではないのです。
むしろ、がんに罹っていない人よりも何倍も発がんする可能性が高くなったと考えるべきでしょう。
なぜなら、彼に胃がんが発見されたというのは、「彼が既に持っていたがん体質が表面化」したということだからです。

帰りは、大宮駅まで当社の車でお送りしました。その道々、少しお話しました。
「実は、私の父も60歳のときに直腸がんの手術を受けて、人工肛門になりました。担当医からは、5年間再発しなければ完治したことになると言われました。でも、6年目にすい臓で亡くなりました」
「がんの原因はハーバード大学の調査研究でも、遺伝的要素は10%程度で、あとは食事やタバコ、飲酒などの生活習慣が原因ということが分かっています。となれば、生活習慣を改善することが最善の方法だと思います」。

「いや、永島さんから、ずっと言われてきたのに、私の油断です」と彼は言いました。

食事がままならないとのことだったので、栄養補給のために当社のサプリタイム(バニラ味)をお土産に持っていっていただきました。
posted by Dr.ナガシマ at 11:06 | がん予防

「置き換えダイエット」の“置き換え”というのが違うよね!

2014年10月26日

「置き換えダイエット」というのが、そもそも気にくわない。置き換えとは、仮にでもその目的を達成するために変えましょうという感じで、ダイエットでは目標の減量ができたら、もう終わりっていうことですかね。では、その後はどうなるんですか? また前の食生活に戻って太っちゃうわけ?

わたしの場合、18年前に(ダイエットで)10s減量して、それを維持していますし、食事方法もその時のままです。だから、置き換えたわけではない。悪かった食事の方法を正しい食事の方法にしたまでのこと。現在もそれで肥満にならなくてすみ、健康も維持できているわけです。

他の方の例もご紹介しましょう。

下は、56才女性Tさんのデータ。
富士山BOSSダイエット開始時(8月上旬)。  身長153センチ、58キロ、
  体脂肪率35%、BMI=25
富士山目標は8キロ減らして、50キロ。
  体脂肪率27% BMI=21

Tさんの職業は看護師さん。過去のダイエットの経験は、他社の「置き換えダイエット」に挑戦したが続かなかったとのこと。
こような「置き換えダイエット」とは、1日3食のうちの1〜2食をダイエット食品に置き換えることで1日の摂取カロリーを減らして痩せる方法であり、置き換える食事は夕食が一番効果があるとされています。この置き換えダイエットで名前が売れているのは、マイクロダイエットやリエータなど。やり方は? というと、朝食、夕食をプロテインドリンクに替えるというもの。しかも、普通の食事は昼食だけ。

その結果はどうなるかというと、「夕食」をプロテインのみにしているため、節食によるストレスが問題。確かに早く痩せはするが、それもTさんのように一時のこと。結局は挫折、リバウンドしてしまいます。
つまり置き換えダイエットというのは、カロリーさえ減らせればいい、食べなければやせるんだという極めて短絡的な考え方、やり方です。

一方、正しいダイエットというのは、人間本来の食事のあり方に沿う方法です。
その中で、プロテインなどのサプリメントを利用するというのは、栄養のバランスを良くすることが目的。しかも、このサプリメントは朝食と昼食に利用すべきものです。

つまり、正しいダイエットでは「夕食をしっかり食べる」ことを大切にします。夕食を軽くみている「置き換えダイエット」とは以て非なるもの。

ところで、Tさんですが、こちらのダイエットを始めてちょうど3ヶ月が経過。体重は2.5キロ、体脂肪率は3.5%減りました。夕食では晩酌も楽しんで、食事もたっぷり満足するまで食べているそうです。
posted by Dr.ナガシマ at 16:40 | 肥満防止

サプリメントなんて不自然と言われるんですけれど?

2014年10月21日

ぎゃくにお聞きしたいのは、「自然とは何でしょう」。人間にとって、あるいは人体にとって、今や自然というものがあるのでしょうか?

現在、最も問題となっている病気は「生活習慣病」です。日本人のほとんどが生活習慣病にかかり、それで死亡しているからです−このことは日本ばかりではありません。どの先進国においても共通しているので、「先進国病」とも言われています。

代表的な生活習慣病は、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病など。日本人の約6割もが、これらの病気で亡くなっているのです−特にがんは2人に1人がかかり、3人に1人が亡くなっている状況です。

日本人の死亡原因.jpg

−−−日本人の死亡原因の第1位であるがんについて、元国立がんセンター研究所疫学部長の平山雄氏の研究では、その原因を次のように報告しています(『予防ガン学』メディサイエンス社、1987)。

がんの成因については多くのがん遺伝子、がん抑制遺伝子が発見されるなどめざましい研究成果があり、がんは遺伝子の病気であると考えられています。

しかし疫学研究によると、ヒトのがんの約85〜90%は環境に原因があります。
よく知られている放射線やウイルス以外に、毎日食べる食品に含まれる無数の食品添加物やタバコといった身近なところに、発がんに繋がる因子があるのです。さらには生存に不可欠な水や空気に、以前では考えられなかったほど多くの有害な化学物質が含まれていることが明らかになってきています。−−−

いかがでしょうか。がんをはじめとした生活習慣病のほとんどは、人間の手によってつくられた「不自然で人工的な生活習慣や生活環境 」の中で引きおこされているのです。

事実、がんの発生原因について米ハーバード大学が調べた結果では、食事の影響が30%、タバコの影響が30%となり、その一方で、遺伝的な要因はたったの5%しかないことがわかったのです。

がんの原因 ハーバード大学.jpg

現代の私たちの食生活は、加工食品や栄養価の低い食材、片寄った食事内容などによって、栄養のバランスが著しく悪化している状況にあることは否めません。また食品添加物や農薬、ダイオキシンや水銀等の化学毒物が、毎日のように私たちの体内に侵入し、私たちの体を汚染していきます。

食品添加物の摂取 漫画.jpg

では、サプリメントの役割とは何でしょうか? 
こうした不自然な生活習慣や生活環境にありながらも、体内を可能な限り自然の状態に戻すためのツール(道具)なのです。
よく勘違いされるのが、何か病気に効くといった“薬”と同様の作用があると思われてしまうこと。でも、サプリメントは薬とはまったく違います。何かの病気を治すという結果を求めるものではありません。

あるいは俳優や有名人などを使って、いかにもこの健康食品で若くなったとか、高い山に登れたとか、そんな見せかけの宣伝をするものでもありません。サプリメントは、あくまでも私たちの健康を補助するものです。
posted by Dr.ナガシマ at 10:34 | サプリメント

考え違いから生活習慣病に罹っている!

2014年10月15日

がん、心臓病、脳卒中は代表的な「生活習慣病」。日本人の約6割が、これら3つの生活習慣病で亡くなっています。その他にも、糖尿病、肝臓疾患などがあります。
これらの病気の特徴は、一旦罹ると完治が難しく、取り返しのつかない状態になることもめずらしくありません。

では、なぜ生活習慣病を引きおこしてしまうのでしょうか?
原因はいろいろありますが、まず、多くの人たちがこの病気に関する間違った考え方や健康意識を持っているというのが問題なのです。では、どのような考え方(健康意識)を持っているのでしょうか?それは次のようにまとめられるでしょう。

慢性病でも健康と思っている.jpg

1.生活習慣病で死亡する多くの人たちは健康に対し無関心であり、“ほとんど何もしない行動”をとっている。

2.「自分は健康である、あるいは、そんなに不健康ではない」と、8割もの人たちが思っているが、現実はまったく逆。真に健康な人は全体の5%しかいなく、残りの95%は半健康人と異常人で、すでに生活習慣病になっているか、もしくは、その予備軍になっている(全国健康診断結果データより)。

3.「多少の病気があっても健康だ」と思っている人たちが、生活習慣病で死亡している可能性が大きい。

4.「平均寿命」は当たり前のことだが、そこまで生きられることを保証したものではない。努力なしに平均寿命まで生きることさえ難しいし、ましてや健康長寿やPPK(ピンピンコロリ=最後まで元気で、亡くなるときはさっさと終わる)になることは絶対にない。この平均寿命という誤った考え方で、予防や健康に対する取り組みをおろそかにさせている。


つまり、健康に関しては楽観的な考え方はだめで、むしろ「慎重で、賢く」なければならないのです。
肥満も生活習慣病.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:43 | 生活習慣病

格好良くいかないとね!

2014年10月13日

昌和冬支度mm.jpg

そろそろ冬支度を考えて・・・。
(世間的には66歳の前期高齢者だけど)
格好良くいかないとね!




posted by Dr.ナガシマ at 17:15 | アンチエイジング

歯のセミナーをやります!

今週の土曜(10/18)に久しぶりに「歯のセミナー」をやります。

老化で、結構大きな問題となるのが「歯」ではないでしょうか。
特に日本人の歯の不健康さというのは、先進国の中では最悪。80歳までに残せる自分の歯というのは平均5〜6本程度です。一方、欧米人はというと20本近く残しているといいます。

つまり、年取ったから歯が無くなるではないのですね。“歯のケア”のしかたが悪いんですね。では、どんなケアのしかたがいいのでしょう・・・。

こう言ってはなんですが、歯医者さんで教えてくれること、あるいは一般に紹介されている方法は、間違ってるとは言わないが、実際にやるとなると中々難しい、大変、続かない。だから、ほとんどの方が歯をだめにしている。

さて、この「歯のセミナー」でお伝えすることは、簡単で、お金も時間もかからずに、しっかりとケアできる方法。特に今問題となっているのが「歯周病」!

健康な歯、歯周病の歯の写真.jpg

【歯周病になっている兆候!】
@口が臭い  A歯がしみる 
A歯がネバネバする C歯がグラグラする
D歯ぐきの色が悪い 
Eすぐ歯ぐきから出血する

そして、たった2時間のセミナーでお伝えする方法では確実に次のことが手に入ります。
@口臭が無くなる
A歯が白くなる
B歯ぐきが健康的にピンク色になる
Cしみなくなる
D出血が止まる
E虫歯にもなりずらくなる
F歯ぐきがしっかりしてくる

にわかには信じられないかもしれませんが、すでに数百人の方々がこのセミナーを受けています。「歯医者さにんもビックリされた」というような参加者の声も聞かれます。

私自身10年以上、この方法を続けていますが、先日、少し嬉しかったのは「永島さんの歯は、本当に白いですね!」と言われたこと。もちろん、今や歯の健康にも自信がありますよ。



posted by Dr.ナガシマ at 12:14 | 歯の予防

「正常な老化」と「病的な老化」

2014年10月10日

老化には大きくわけて、「正常な老化」と「病的な老化」があるといわれています。

誰しも肌の状態や筋肉、運動機能などが年齢とともに低下していくことは免れないにしても、その年齢に関係なく、心身共に健康で一切の病気がない、また運動機能の衰えも少なく活動的であるというのが「正常な老化」で、むしろ理想的な老化といってもいいでしょう。
この老化のしかたでは、生活習慣病にかかることもないので、がんや心臓病、脳卒中などで死ぬ危険性もかなり低くなります。しかも、亡くなるときにはピンピンコロリンです。

一方の「病的老化」は、食事が悪い、酒好き、煙草好き、運動もしないというような悪い生活習慣のため、老化を著しく早めてしまいます。その結果、代表的な病状として高血圧、動脈硬化、高血糖、高脂血症、骨粗しょう症、肥満などを引き起こす危険性が高くなります。もちろん、こうした病状は結局のところ脳卒中、心疾患、がんなどを発症し、場合によって要介護や寝た切り状態に向かってしまいます。

つまり、本来であれば「正常な老化」となりえるのに、自らの行いで「病的な老化」を引き寄せてしまうのです。

病的老化のグラフ.jpg

では病的老化を避けるためにはどうしたらいいでしょうか?

現在、抗老化(アンチエイジング)に関する世界的な研究がなされています。その中でも、次の3つの条件が「病的老化の防止」に最も役立つことがわかってきています。

老化防止の3大条件.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 15:52 | アンチエイジング

ピンピンコロリとネンネンコロリ、あなたはどっちを選ぶ?

2014年10月09日

HPTIMAGE.jpg
ピンピンコロリ(PPK)とは何でしょうか? それは病気に苦しむことなく、元気に長寿をまっとうし、長く病院に世話になることもなく、コロリと死ねるということです。
この標語は1980年(昭和55年)、長野県で高等学校の保健体育教師をしていた北沢豊治氏が健康長寿体操を考案して、日本体育学会に『ピンピンコロリ運動について』と
題した発表をしたのが始まりです。

その反対に、ネンネンコロリ(NNK)は生活習慣病などを引き起こして、最後には寝たきりになり、たとえ長く生きられても健康で元気にいられる期間が少ないことをいいます。

どなたでも生きている以上はずっと元気でいたいし、要介護になったり、寝たきりになったりしたくはないと思うのが当然でしょう。つまり、「ピンピンコロリこそ理想的な終末である」ことに異論はないと思います。

日本は世界に名だたる長寿国。ところが、年をとっても健康長寿の人(ピンピンコロリになれる人)は、実際のところそんなに多くはないのです。むしろネンネンコロリの人のほうがはるかに多いのです。
posted by Dr.ナガシマ at 09:50 | アンチエイジング

「健康寿命」こそ肝心! 平均寿命ではない!

2014年10月07日

「健康寿命(けんこうじゅみょう)」という言葉をご存知でしょうか。
日常的に介護を必要としない自立した生活ができる生存期間のことで、WHO世界保健機関が2000年、この「健康寿命」という言葉を公表しました。平均寿命から(自立した生活のできない)介護期間を引いた年数になります。

平均寿命と健康寿命.jpg

日本は平均寿命は、ご存知のように世界ナンバーワンです−2014年版「世界保健統計」によると、日本人女性の平均寿命は世界最長で87.0歳となりました。それに、2位スペイン、3位スイス、4位シンガポールとつづきます。一方、日本人男性の平均寿命は世界第8位(80.0歳)で、1位はアイスランドの81.2歳でした。

そして「健康寿命」でも女性は73.6歳と、なんとか1位を保っていますが、問題は自立困難で介護が必要となる期間なのです。要介護もしくは寝たきりの期間が主要国の中で最も長いのは、なんと日本です。他の主要国の介護期間は平均して7年程度。それが日本の男性では9.2年、女性では12.7年にも及んでいるのです。

日本老年学会は「寝たきりになった年齢と寝たきりの期間との関連について」として、次のように報告しています。「80代で寝たきりになると、その期間は2年、これが70代で寝たきりになると3年以上。ところが90代で寝たきりになった場合は1年以内にとどまる」。
すなわち、長寿になるほど寝たきりの期間が少ない!当前のことですね。

主要国の平均寿命と健康寿命.jpg

寝たきりになった年齢と寝たきり期間.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 16:01 | アンチエイジング

体を鍛えるのも「考え方を変えないと!」

2014年10月06日

一昨日のスパーリングの相手は、元プロボクサーでライト級の日本チャンピオンだった人。とはいっても彼も61歳。「ロートル同士で気楽にやりましょうよ」なんては言ってくれても、いざ戦いとなれば強いのは当然のこと。若くても一般の練習生ではとても太刀打ちできません。でも、私として何とか戦うことができました。

あらためて感じたことは、いかに「脱力」しながらパンチを出したり、フットワークがきるか?ということ。それが功を奏したように思われます。

私たちの年齢も含めて、(年齢に関係なく)体を鍛えるというと、とかく筋力を強くしなければならないと思っています。例えば、年取ってくるとモモの筋肉が低下してきて歩けなくなってくる。「だからスクワット、大腿四頭筋を鍛えないと!」となります。しかし、そうでしょうか?

スクワットは、むしろ臀筋や大腰筋であって股関節の働き。つまり、もうそこで身体の使い方が間違っている。間違った筋肉(大腿四頭筋)を鍛えていることになります。そのようなウェイトトレーニングをいくらやったところで、アンチエイジングやロコモ防止などに対して逆効果です。

いや、もっと言えば、スクワットであっても股関節の働きだけでなく全身を使っているのです。だから、臀筋や大腰筋という部分を鍛えることでさえも大きな間違いと言えるのです。
つまり、部分の筋肉を意識したトレーニングではダメで、いかに脱力・リラックスして動けたり、バーベルを持ち上げたりすることができるかが肝心です。

部分(の筋肉)を鍛えることを意識してやれば、そこは固まります。けっしてバランスの良い身体にはなりません。そのことを肝に銘じたいと思います。



posted by Dr.ナガシマ at 10:36 | 運動 ウェイトトレーニング ダイエット

●筋肉指向では、格好いい体つきにはなれない!

2014年10月03日

59歳からボクシングを始めた理由の一つというのが、姿勢がジジイぽくなってきたのを何とかできないかと思ってたから、なんですね。全身が鏡に映る姿を見ると、背中は丸くなっているし、下腹も少し出ていて緩んだような感じ! もちろん15年前に10s減のダイエットに成功し、それをずっと維持してきました。

でも、いくら体重や体脂肪が下がっても、何にもしなきゃジジイの体になってしまう。こりゃ当然だと思って、何か運動しよう、それがボクシングだったのです。大学時代に、遊び半分でやっていたので、それもきっかけになりました。

ところで今日言いたいことは、筋肉指向では、ボクシングでも、他の運動でも絶対に上手くなれない、格好良くもなれない、ということなのです。

とかくウェイトトレーニングを一生懸命やれば、筋肉もりもりで、姿形も格好も良くなるだろう。そう思って、中高年の人達がけっこう励んでいる姿を見かけていますが、確かに筋肉はつくけど、やっぱり背中を丸くした爺さんで、歩くときはヨボヨボの姿。
女の人だって同様です。

つまり体というのは体全体で維持し、活動しているのであって、部分的な筋肉をいくら発達させたところで格好の良い体つきにはなれない。

この話は、また次の機会に続けたいと思います。
posted by Dr.ナガシマ at 15:49 | 運動 ウェイトトレーニング ダイエット