なぜ、1日に“1兆個”の乳酸菌なのか?

2021年02月04日

生きた菌は腸へ行く前に死滅!

そもそも生きた菌を口からとっても、腸に到達する時点では、そのほとんどが死滅してしまいます。でも死んだ菌でも「善玉菌」を増やし、「腸管免疫」を活性化させることができるのです。

通常、感染源となるウイルスや病原菌などは⼝や鼻から体内へ侵⼊するため、腸までの消化管は常に外敵の脅威にさらされています。 この外敵から体を守るために、腸には免疫細胞の約70%が集まっており「腸管免疫」と呼ばれています

しがって、多くの専門家や最新の研究では、口から摂る乳酸菌は生菌でも死菌でも関係ないということを述べています。

バイオジェニックスとは、直接生体に作用して、免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用などの「生体調節、生体防御、老化制御など」に働く成分のことで、乳酸菌は代表的なものです。

このバイオジェニックスからすれば、乳酸菌の数をいかに多く摂取するかなのです

少ない菌数では効果が薄い!

一般的に販売されている乳酸菌入り食品をみると、菌数はせいぜい数億〜数百億個程度しか配合されていません。一方、腸内細菌の数は500〜1000兆個、その中に在来の善玉菌は20%の約200兆個存在しています。つまり、その効果は微々たるものなってしまうのです(菌数が少なすぎるのです)。

それに比較し、このバイオジェニックスでは“兆”を越す菌数を摂取します

腸管免疫の活性化! 
   
体全体の免疫の70%は腸管壁のパイエル板という所に集まっています。乳酸菌は、このパイエル板という穴を通過してマクロファージという免疫細胞を活性化します。つまり、口から摂る乳酸菌の数が多いほど乳酸菌がパイエル板の中に入り込み、免疫がより高められるのです

パイエル板.jpg

マックスピア.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:46 | 腸内細菌

BOSS法の食事で免疫力を高める!

2021年01月28日

新型コロナの重症化のなかで「コロナ肥満」が問題にされています。
しかし、たんに食事制限しただけでは栄養バランスを崩し、かえって免疫力を落としてしまいます。

BOSS法の食事は、たんなる粗食や摂食と違い「タンパク質、ビタミン、ミネラルの3大栄養素」を豊富にして摂取カロリーを約20%以上減らすことができます(これを専門的には「カロリス」といいます)。

免疫力.jpg

具体的には「朝食時と昼食時」に、『総合栄養補助食品のサプリタイム』を利用します。その一方で、夕食は食欲を十分に満足させるようにメニュー豊富にします。夕食を制限することはありません。

BOSS食事.jpg
BOSS食事グラフ.jpg

BOSS法.jpg

posted by Dr.ナガシマ at 11:19 | 肥満防止

【基礎疾患】薬や医療で根本的には治らない!

2021年01月07日

基礎疾患とは、高血圧症・高脂血症・糖尿病、心筋梗塞や脳梗塞、がん、など。
つまり・・・

基礎疾患 生活習慣病.jpg

です。

多くの人は「基礎疾患(生活習慣病)は病院に行って治療してもらえれば治る」と思っているようです。確かに、細菌やウイルスによる感染症などは薬やワクチンが大きな効果を発揮するでしょう。また、大きなケガも手術などによって回復させることができます。

しかし、生活習慣が主な原因となる「基礎疾患(生活習慣病)」にたいしては、薬や医療は“対症療法”に過ぎず、根本的な原因を取り除くことはできません。

薬と医療.jpg

生活習慣病は自分自身で治すしかない病気なのです。「生活習慣病」という名がついているように、自分で生活習慣を変えない限り、医療機関に任せたままでは治らない病気です。

「先生、なんとかしてください」「すべてお任せします」という”お任せ医療”では、基礎疾患(生活習慣病)はけっして治りません。

薬で「血圧をコントロールする」「血糖値を下げる」「コレステロール値を下げる」「ガンを縮小させる」ということは可能でしょう。

病院.jpg

でも、薬を使った治療だけでは「完治」しません。

根本的な治療は“患者”にしかできません。だからこそ「生活習慣病」といわれているわけです。つまり、生活習慣を見直して、病気の原因となった生活習慣を変えない限り、薬で症状をおさえることはできても、「完全に治癒」することはありません。

基礎疾患(生活習慣病)は患者自身でしか治せない病気なのです。

厳しい言い方ですが「生活習慣という原因」に何も手をつけず、薬だけで患者が望む治癒という「結果」が出るはずもありません。

同じ生活習慣を続けていれば、しまいには薬でコントロールできなくなり、さらには強い薬を服用するといった悪循環に陥ります。

「基礎疾患(生活習慣病)」を治すためには医療従事者ができることはそう多くありません。「患者自身にできることは95%で、医療従事者ができることは5%程度しかない」と述べる専門家がいるほどです。

再三言いますが、基礎疾患すなわち生活習慣病は、自分自身でしか対処できない病気なのです。

マックスピア.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 11:14 | 新型コロナ

コロナ重症化の要因“基礎疾患”とはどんな病気?

2020年12月28日

基礎疾患」という言葉は、高齢者とともに新型コロナにおいて重症化しやすく、死亡に至る危険性がとても高いということで、よく耳にするようになりました。

では、「基礎疾患」とは具体的にどのようなことをいうのでしょうか?

ある病気や症状の「原因となる病気」のことです。例えば、高血圧症・高脂血症・糖尿病は心筋梗塞や脳梗塞などの原因になるため基礎疾患です。また、がんも免疫力が低下することなどから基礎疾患とされます。

コロナ致死率と基礎疾患.jpg

基礎疾患のない人が新型コロナに感染した場合、致死率は0.9%。しかし心臓や血管の病気があると、基礎疾患がない人の10倍以上にもなります。また糖尿病やぜんそくなどの呼吸器疾患、高血圧、がん(悪性腫瘍)などでは5倍から6倍と、基礎疾患における致死率はひじょうに高くなっています

基礎疾患とは、高血圧症・高脂血症・糖尿病、心筋梗塞や脳梗塞、がん。
つまり・・・

基礎疾患 生活習慣病.jpg

なのです。

そして、基礎疾患すなわち生活習慣病は“お任せ医療”では治りません! 

ちなみに、生活習慣病とは、「食事や運動・喫煙・飲酒・ストレスなどの良くない生活習慣」で引き起こされる重篤な疾患です。脳卒中、がん、心臓病、糖尿病などがそれにあたります。

生活習慣病.jpg

マックスピア.jpg

posted by Dr.ナガシマ at 10:28 | 新型コロナ

カルシウム不足は骨を溶かすだけではない!?

2020年12月21日

「カルシウムは骨の栄養素」と思っている方が多いのではないでしょうか。
間違いではないのですが、正しいとも言えないのです。

なぜなら、カルシウムは全身のあらゆる生命活動に利用されている栄養素であり、むしろ骨は“カルシウムの貯蔵庫”、“補給係”としての役割があるからです

カルシウムと生命活動.jpg

血液中のカルシウムが不足してくると直ぐに生命に危険が及んでしまうので、骨からカルシウムを溶かし出して、血液中に補給する仕組みになっています

このことがぎゃくに、骨粗しょう症や動脈硬化を引き起こす要因になっているのです。

血中の補給.jpg

人体に不可欠な必須のミネラルは16種類あるといわれますが、その中でカルシウムは約50%もの量を占めます。いかにカルシウムが体の中で利用されている栄養素かです。

カルシウム不足は骨粗鬆症のリスクのみならず、あらゆる病気の引き金になってしまうのです

骨・カルシウムの働き.jpg





珊瑚の恵.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:57 | 肥満防止

魚のアブラEPAサプリメントの比較

2020年12月04日

赤血球の軟らかさを「変形能」といいます。ところが、血液がドロドロになると、この変形能が悪化して血栓ができやすくなるのです。これが心筋梗塞や脳卒中の原因になってしまいます。

一方、EPAは赤血球の変形能を高めて血栓ができるのを防ぎ、結果として心筋梗塞や動脈硬化の予防につながるのです。

赤血球の変形能.jpg

EPA(エイコサペンタエン酸)は、体内でDHAに変換することもあるので、EPAを摂っている限りDHAが不足することはありません。逆にEPAは摂っていないと確実に減っていきますので、EPAが多い食品をしっかり狙えば(EPA、DHA)どちらも十分な状態にすることができます。

EPAの、血液をいわゆる血液サラサラと言われるような健康な状態にするという働きについては、DHAはその働きをカバーするものにはなりません。

ちなみに“血液ドロドロ”とは、赤血球や白血球、血小板に異常が起こり、赤血球どうしがくっついてしまったりして血液が流れにくくなる状態のことです。

血液ドロドロ写真.jpg

EPAサプリメントの比較.jpg

半額お試し.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/126
posted by Dr.ナガシマ at 10:56 | 健康食品

女性の「骨粗しょう症」要介護の原因に!

2020年11月24日

骨粗しょう症は、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
日本には約1千万人以上の患者がいるといわれます。

とくに女性は、男性の3倍も「骨粗しょう症」になる割合が高くなっています。

閉経後の骨粗しょう症罹患率.jpg

骨粗しょう症になっても、痛みがないのが普通です。しかし、転ぶなどのちょっとしたはずみで“骨折”しやすくなるのです。

要介護や要支援が必要となった原因に、骨折(骨粗しょう症が疑われる)が認知症についで多くなっています。

骨粗しょう症で骨折しやすい箇所.jpg

骨の成分であるカルシウムは、食事によって腸で吸収されて血液に入り、骨に運ばれ骨が作られます。その一方で、骨はしなやかさを保つために、古くなった骨を壊すという新陳代謝をおこなっていて、3年くらいで骨はすべてつくりかえられています。

この新陳代謝に関与するのが、骨を壊す役割の破骨細胞(はこつさいぼう)と、骨を再生する役割の骨芽細胞(こつがさいぼう)です。骨の材料であるカルシウム不足で骨が再生できなければ、骨粗しょう症になってしまうのです。


正常な骨 骨粗しょう症の骨.jpg
骨粗しょう症で身長が低く.jpg

珊瑚の恵.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 09:42 | カルシウム

太らない食べ方

2020年11月10日

運動で体重や体脂肪を減らすこと(肥満を解消すること)は、とても大変です。

一方、食事で減らすことが最も効果的な方法なのです。

だからといって、単に食事制限をすると栄養のバランスを崩し、その反動を受けて“過食”にもつながってしまいます。また、一旦やせられたとしても、すぐにリバウンドしてしまうでしょう。

人の体というのは、(人類の歴史上)飢餓に対する恐怖が備わっていて、本能的に「食欲」が勝っているのです。

それが現代においては、本来あるべき食事のあり方を狂わせて肥満やメタボにつながっています。

そこで、人間本来の食事のあり方を取り戻しつつ、栄養のバランスが良くなる食事法を提案したいと思います。

第一に、よく言われる・・・
「朝食しっかり、夕食は少なく」というのは、大きな間違いだということを知ってください。

「朝食をしっかり食べると、体の生理作用に反すること」になり、肥満しやすくなってしまうのです。

ドイツのミュンヘン大学の研究によると、朝食をしっかりとる人は、少しだけ食べる人や食べない人に比べて、“カロリーを多く摂りすぎる傾向にある”との調査結果を報告しています

また人類学者によると、千年単位はおろか、1万年単位でも、人体の機能には大きな変化が見られないといいます。
つまり、祖先と私たちには「食欲、消化吸収、体脂肪の蓄積などの生物学的な機能に関して」、ほとんど変わりがないということです。

1万年前の農耕以前の祖先たちは、朝目が覚めたら朝食もとらずに大地をかけめぐって獲物を捕まえたり、木の実を採取したりました。そして、一日の仕事が終わった夕暮れ時に、やっと家族とともに手に入れた食糧にありつけたのです。
もちろん朝食なんていうものはなく、日中は「すきっ腹」で活動していたのです。
(『すきっ腹ウォーキング』千葉大学スポーツ科学科教授、片岡幸男著より)

このような祖先たちの食事のリズムを現代の私たちの体も受け継いでいます。
ですから、1日の中で最も大切な食事は「×朝食」ではありません。「○夕食」なのです。

先祖達の食事.jpg

実は、私たちが当たり前と思っている1日3食の食生活が定着したのは「近代」に入ってからです。この習慣が登場したのは明治時代で、富国強兵のためだったといいます。
そして、明治時代以降の食習慣が戦後の高度経済成長期になり、過食へとつながっていくのです。このため「1日3食」はカロリー過多となり、肥満やメタボ、生活習慣病の原因になってしまったのです。

この間違った食習慣を本来の食事法に戻す必要があります。
人間の本来あるべき食事の仕方で栄養バランスが良くなれば、肥満することもなくなります。


肥満する、肥満しない食事法.jpg

サプリタイムの食事.jpg

BOSS.jpg
BOSSダイエットの利点.jpg
半額で体験.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:20 | 肥満防止

オナラが臭いのは、大腸がんのリスク!

2020年11月02日

女性の死亡率トップの大腸がん。

この大腸がんは進行が遅く、初期の段階では治療しやすく比較的治りやすいがんですが、死亡率が高いというのも大腸がんの特徴なのです。なぜなのでしょうか?

死亡原因1位.jpg

大腸がん発見が遅い原因.jpg

大腸がんになりやすい食事.jpg

その最も大きな原因として考えられるのが生活環境、とりわけ食事の変化(欧米化)の影響です。

大腸がんの発生には人種的、遺伝的なものよりも、食事などの環境要因が大きいことがわかりました

腸内環境の悪化で“発がん物質”が!
動物性脂肪や肉類を取り過ぎると大腸がんになりやすくなります。
それは、肝臓から消化液の「胆汁」が過剰に分泌されてしまうからです。

大腸の中には、過剰となった胆汁を発がん作用のある「二次胆汁酸」に替えてしまう悪玉の腸内細菌がいます。しかも、肉食の多い食生活だと、悪玉菌を増やすので、腸内の腐敗を起こして発がん物質がつくられてしまうのです。

特に、女性の場合は便秘になりやすいといわれています。そうするとニトロソアミンなどの発がん物質が腸にたまりやすくなってしまうのです。

オナラや便が臭いのは“発がん物質”の影響かも!

オナラが臭い.jpg

おなかにガスがたまると、苦しいですね。たまりすぎると、おなかがパンパンに張ってしまうし、出るガスも臭くなります。この臭うガスにはニトロソアミンなどの発がん物質が含まれており、大腸がんの原因になります

なぜ、おなかにガスがたまってしまうのでしょうか。
ガスを作るのは、大腸にいる腸内細菌。大腸に入ってくる食べ物は腸内細菌が分解します。腸の前半部分では善玉菌が多くて、ガスが作られても臭いがなく毒性もありません。

しかし、腸の後半部分に行くにつれて悪玉菌が増えていきます。そうすると、二次胆汁酸や窒素化合物、硫黄酸化物などのガスを作ります。このガスが臭いばかりでなく、毒性があるのです

オナラの成分.jpg

しかも、これらの有毒ガスは便秘の人ほどたまりやすく、大腸がんにもなりやすくなるのです。

大腸がんの7割以上が後半部分のS状結腸や直腸などに発生するのも、このためだと考えられています。

大腸がんの疑われる症状.jpg

痔と大腸がんの違い.jpg

マックスピア.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:32 | がん予防

体内環境をととのえれば、がんにかからない!

2020年10月26日

がんは死因の第1位。年間36万人以上の国民ががんで死亡し、3人中1人が"がん"で亡くなっていることになります。 日本人にとって「国民病」といっても過言ではありません。

がんにかかる“原因”は、次のように結論づけられます。

結論.jpg

がんの原因の9割以上は「生活習慣や生活環境」です。

それは、どのようなことなのでしょうか? (下図をご覧ください)

本来の自然環境.jpg

私たちは今、進んだ現代環境のなかに生きていますが、本来人間は自然に育まれた生命体です

ところが、この「自然にはぐくまれた生命体」であるという当たり前のことが、忘れ去られてしまっているのです。

もしも、「本来の自然環境」に生きているのであれば、がんのような病気にはならないでしょう。

事実、アメリカ上院の「マクガバン報告」では、19世紀以降の食生活の変化と病気の関係を歴史的に追跡しました。その結果、150年前には「腸チフス・結核」などの細菌による伝染病で死亡する例が多かったが・・・、がん・心臓病・脳卒中などは皆無であったことを突き止めたのです。

「がんは間違いなく、現代病である」と結論づけました


次図をご覧下さい。わたしたちがすむ現代の生活環境です

生活環境病.jpg

人体にとって極めて不自然な環境のなかで“体内が汚染”されているのです!

そして、免疫力や自然治癒力が低下し、がんになります。

毒素がたまる部位.jpg

では、どうすればいいのか?

体内環境を整えることです!

その具体的な方法が次の「4つの原則」です。

「毒物の排除」「抗酸化」「栄養バランス」「腸内細菌」

4原則.jpg
4原則図.jpg

マックスピア.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:03 | 生活習慣病

なぜ年とともに“太りやすく”なるのか?

2020年10月23日

昔と比べて「食事量」は変わらないのに太りやすくなった。健康診断で、中性脂肪値の高さを指摘された。昔と体重は変わらないのに、お腹だけポッコリ出てきた―。このような「肥満」の悩みをもつ中高年は多いと思います。

女性.jpg

肥満を避けるのが難しい!
肥満は、健康面でも多くのデメリットがあります。糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、がんなど、さまざまな病気にかかるリスクが圧倒的に高くなります。健康を持続的に維持していくためには、「肥満の解消」が不可欠なのです

その一方で、飽食の時代といわれ今のわたし達は肥満になりやすい環境にあるといえます。意識的に太らないようにしないと、肥満を避けることが難しいのです。

では、なぜ年とともに“太り”やすくなるのでしょうか?
結論からいうと「代謝が低下するから」です。代謝は大きくわけて「基礎代謝」と「活動代謝」にわけられます。「基礎代謝」は、何もしないで寝ているだけでも消費されるカロリー(=エネルギー)のことで、主に筋肉や内臓で消費されます。

また「活動代謝」は、日常生活や運動などで消費されるカロリーです。これは、人それぞれの生活の仕方によって大きく変わってきます。

昔に比べて食事量は変わらないのに太りやすくなったのは、現代人の代謝が落ちてきているといえるでしょう。

スポーツ選手が引退後に太ってしまうのをよく見かけますが、それはまさにこのケースです。現役時代は、基礎代謝、活動代謝がともに高く、どんなに食べても太らなかったのに、引退後、年を重ねて体を動かさなくなって、現役のときと同じような高カロリーの食事を摂ってしまっているのです。これが、スポーツ選手の“引退太り”の原因になつています。

「食事」と「運動」、痩せるために意識すべきは、どっち? 
では、「食生活を改善して摂取カロリーを抑える」、「運動をして消費カロリーを上げる」のどちらを強く意識すればよいでしょうか?

正解は「食生活を改善して摂取カロリーを抑える」です。もちろん運動することは必要ですが、食事を変えずに運動だけで痩せようとするのは無理です。なぜなら、運動の消費カロリーで、摂取したカロリーをキャンセルことは厳しいからです。

かりに42.195kmのフルマラソンを走ったとしても消費できるカロリーは、約2500キロカロリーです。一方、1sの体脂肪を減らすのに必要なカロリーは約7500キロカロリー。 つまり、マラソンのような過酷な運動をしても、せいぜい300グラム程度しか痩せられないのです。いかに運動で痩せることが難しいかです。

「筋トレで代謝が上がる」もウソ

ダンベル.jpg

では、筋トレはどうでしょうか?よく基礎代謝を上げるために筋トレをしよう、という話もありますが、この考え方も間違いです。

最新の研究で、「基礎代謝の8割は“内臓”によるもの」ということが明らかになっています。
もちろん、筋肉をつけることで代謝が上がらないことはありませんが、それで痩せやすい体質に、という効果はあまり期待できないのです。

一方で、とくに男性の場合、40代あたりから筋肉が衰え始め、さらに50代以降には急激に筋肉量が低下することがわかっています。これが「体重が変わらないのにお腹だけポッコリと出てくる『隠れ肥満』など」の原因になります

運動と食事.jpg

BOSSダイエット.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:36 | 肥満防止

コンビニ弁当や宅配弁当の栄養価に要注意!

2020年10月05日

栄養バランスが悪い日本女性.jpg

もっぱら昼食は、コンビニエンスストアのランチやコンビニ弁当というあなた。ご自分がいつも食べているものの栄養価を把握できているでしょうか?

これらの栄養価を見てみると、(1)カップ麺+おにぎりなどのダブル糖質。(2)塩分のとり過ぎ。(3)パン食のみ、サラダのみなどでは脂質が高く、たんぱく質不足

そして共通するのが、カルシウムと食物繊維の不足!

以上のように、コンビニ食は“栄養無視”の空腹を満たすだけのメニュー選びとなりやすいのです。

高齢者向け宅配弁当は?
一人暮らしの高齢者に、宅配弁当の人気が高くなっているようです。自炊が難しく、栄養不足になりがちなお年寄りに、とても便利で、安心にもつながるというふれこみ。

しかし、その宅配弁当が新型栄養失調の要因になるとしたら!?
以下は、某宅配弁当(夕食)の例です。

この夕食宅配は、「冷凍ではなく、毎日手づくり」「栄養バランスに配慮した和食中心の献立」と宣伝されているもの。おかずの種類も豊富で、味もおいしく、上品によくまとまっているように見えるが、そこで、期待を込めて栄養価の検査を・・・

すると、残念ながらカルシウムなどのミネラルについてはまったく配慮されていないという結果に! 検出値を70代男性の基準値と比較したところ、5種類のミネラルとも基準値を大幅に下回っていたのです。

宅配弁当の栄養価.jpg

高齢者は、食事の量が減っているうえにカルシウムなどのミネラルの吸収率が下がるので、摂取量を増やさなければなりません。ミネラルの少ない食事を食べ続けていると、骨粗しょう症や躁うつ病になったり、認知症になったりする可能性もより高まるのです

「こんな食事なら、歳とっても宅配してもらわないほうがいい」との結論に至ったのだ!

サプリタイムの紹介.jpg
サプリタイムのプロテイン.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/141
posted by Dr.ナガシマ at 09:59 | 栄養バランス

“夕食しっかり”が正しい理由

2020年10月02日

肥満に悩んでいる多くの人が、どう食事をしたら痩せられるのか、かなり迷っていると思います。「なるべくバランス良く食べましょう」とか、「肉を控えめにして野菜を多く食べましょう」などと言いますが、実際に、それで肥満が解消できるのか? ということ

ダイエットに対するアドバイスというのは、「どのタイミングで、どんな食事を、どのくらい食べたらいいのか」といった、(肥満解消のための)しっかりしたノウハウを伝えることが大切です

食事は自律神経の働きに深く関わっています。これを知るだけでも、ダイエットに関する疑問が解けます。

「自律神経」というのは、自分の意思には関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールする神経のことです(不随意神経とも言います)。手や足を動かす、というのは意識してできる行動(随意神経)ですが、胃や腸を動かす、血液を流す、というのは意識しなくても行われています。

こうした“意識しないこと”はすべて自律神経がやっています。

また自律神経には、相反するはたらきの「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。この2つがバランスよくはたらくことで体は正常を保っているのです

「交感神経」は頭を働かせたり、体を動かしたりするための活動のための神経。一方の「副交感神経」は体を休めたり、リラックスするための神経です。

自律神経.jpg

では、食事をしたときの自律神経の働きはどうなるのでしょうか?

実は、胃腸などの消化器官を活発にさせる“副交感神経”が優位になります。食後にウトウトと眠くなってしまうのは、この副交感神経の働きによるものです。

「夜は寝てしまって消化できないから食べるとみんな脂肪になってしまうよ」なんて言うひとがいますが、それは大きな間違いです。

夜は交感神経の活動が少なくなるのと逆に、副交感神経が活発になって消化・吸収・同化(あたらしい細胞をうむこと)を行っているのです。寝ている間も胃腸は活動していますが、それが自然なことです。

自律神経の働き.jpg

つまり、夕食はしっかり食べて、翌日のエネルギー源を確保すべきなのです
 
逆に、朝食や昼食においてお腹いっぱい食事をとり、すぐに仕事を始めて交感神経を優位にさせてしまうような(現代の)食事のあり方は、とても不自然なことです。これが、肥満や現代病を助長する結果となっているのです。

むしろ朝食は、ご飯やパンなどの炭水化物を制限して、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの補給が重要になります。

BOSSダイエット法では、朝食には総合栄養補助食品『サプリタイム』を利用し、昼食は軽く、そして、夕食はしっかり食べるという方法をとります。

自律神経のリズムにも適合し、お腹がすきにくく、肥満が解消されて、健康にもよい食事法となるのです

一生スリムを維持できる.jpg
肥満を解消し、健康になることを目的に考えられたダイエット法です。


やり方はとてもシンプルで誰にでもわかりやすく、年齢に関わらず安心して実践できます。

単なる食事指導やカロリー制限とは異なります。

なにより、美味しく食事ができて、楽しく続けられ、体脂肪がきちんと落とせるのがこのBOSSダイエット法です。

BOSS.jpg
BOSSダイエットの利点.jpg
半額で体験.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 09:37 | ダイエット

健康素材キトサンが有害物質を除去(1)

2020年09月28日

デトックス※医療の専門家である銀座サンエスペロ大森クリニックの院長、大森  医師は次のように述べます。
※デトックス(detox)は、生物の体内に溜まった有害な毒物を排出させること。この呼び名はdetoxification(解毒、げどく)の短縮形。

「重金属が体内に蓄積した結果、やがてとんでもない健康障害を引き起こす可能性があります。花粉症や、アレルギー、ニキビ、便秘、イライラ、気分の落ち込み、忍耐力が無い、キレやすい、学習能力の低下。自閉症や多動、学習障害といった子供の症状も、脳の発達障害であり、有害物質が影響していると考えられます」。

生活習慣病の代表的な疾患である癌(がん)、心臓病、脳卒中への影響も否定できません。

有害物質の環境.jpg
農薬と食品添加物.jpg

健康素材キトサンのデトックス作用

キトサンは、カニやエビの甲羅から取り出される成分です。カニの甲羅にはキチンという成分が含まれ、それを化学処理するとキトサンが精製されます。

このキトサンの研究の歴史は意外に古く、1859年にルーゲによって発見されました。

その後、日本でも研究がすすみ医療分野でのキトサン研究では農林水産省が、また、文部省に移管されてから国の助成金を投入して、1982年から全国13大学の研究機関で研究がスタートした経緯があります。

キトサンは食すると胃腸の中でダイエタリーファイバー(食物繊維)の働きをします。普通食物繊維は野菜の成分などにみられるように植物性ですが、キトサンは唯一、動物性の食物繊維なのです。

特に研究では、野菜などの植物性の食物繊維と比べて有害物質を排泄する働き(キレート作用)が格段に強く、食品添加物や農薬、有害重金属、塩分、コレステロールなどを除去できると考えられています

キトサンの製法.jpg

キトサンにはどんな効果があるか?(2)>>>  
posted by Dr.ナガシマ at 11:16 | 健康食品

健康素材キトサンが有害物質を除去(2)

キトサンにはどんな効果があるのか?

キトサンの粉末.jpg

キトサンを食するとコレステロールを低下させたり、食塩の害が減るなどの研究結果があります。また、尿酸の生産量を減らせるので痛風の予防にもなるとされます。

放射能医学の研究分野では、放射性の排出の促進にキトサンを利用することも考えられているようです。(機能性食品ガイドを参考)

キトサンが有害物質を排出する経路.jpg

研究成果1.jpg
研究成果2.jpg

 キトサンにはどんな効果があるか?(3)>>>
posted by Dr.ナガシマ at 11:10 | 健康食品

「腸内環境」改善の“1兆個”の乳酸菌

2020年09月22日

女性の大腸がん死亡率1位、その原因は?

腸内細菌叢(さいきんそう)が乱れ、その結果として“善玉菌”が減り“悪玉菌”が増加するという、「腸内環境」の悪化が問題視されています。

腸内細菌叢.jpg

とくに、年齢が高くなるほど善玉菌よりも悪玉菌のほうが多くなる傾向に!

「人生は腸で決まる!」といわれほど、腸内環境(腸内フローラ)と健康とは密接な関係があるのです。

腸内イラスト.jpg

女性の大腸がんの死亡率が、胃がんを抜いてトップ(男性3位)になりました。大腸がんは進行が遅く、初期の段階では治療しやすいがん。ところが、死亡率が高いというのも大腸がんの特徴です。これも腸内環境の悪化が大きな要因であると考えられています

女性大腸がん死亡者.jpg

大腸がんと部位.jpg

玉菌、悪玉菌、日和見菌の“バランス”が決め手!

腸内細菌は大きく、「善玉菌、悪玉菌、日和見菌」の3種類に分けられます。
これらの細菌のバランスによって腸の働きや身体の健康状態が左右されてしまうのです。

つまり、「腸内環境」は“腸内細菌のバランス”と言い換えてもいいでしょう。

人体の細胞の総数は約60兆個。ところが、腸内細菌の数はこれよりも1ケタ以上も多いのです。

そして、健康な腸内では、善玉菌、日和見菌、悪玉菌がそれぞれの勢力のバランスを保ちながら棲息しています。それらの割合は「2:7:1」といいます。

善玉、日和見、悪玉.jpg

善玉、日和見、悪玉の写真.jpg

加齢によっても腸内環境が悪化しやすくなります。特に60歳を過ぎた頃から「善玉菌」が急激に減少し、ぎゃくにウェルシュ菌などの「悪玉菌」が大幅に増加するようになります。

年齢とともに善玉減少.jpg

 一方、「善玉菌を増やすように腸内環境を整えておけば、加齢による悪化を最小限に食い止めることは可能」と、理化学研究所の辨野博士は強調します。

 健康な状態では善玉菌が優勢。ところが偏った食事や喫煙、お酒の飲みすぎなどで生活習慣が乱れると、悪玉菌が優勢になります。しかも本来、無害だった日和見菌も悪玉菌の味方をするようになってしまうのです。
 なみに日和見(ひよりみ)とは、「形勢をうかがいながら、有利な方につく」の意味。 良くも悪くも“強い方”に味方します。

腸内環境、良い、悪い.jpg

腸内環境による症状.jpg

美腸と美肌.jpg

腸内環境が悪化すると、さらに.jpg

マックスピア.jpg








































































posted by Dr.ナガシマ at 11:12 | 生活習慣病

誰でも1日5千個の“がん細胞”が発生!

2020年09月08日

今年1年は新型コロナで終わりそうです(終わればいいのですが・・・)。

日本では、1月に新型コロナによる最初の患者がでてから現在までの患者数の合計は約7万2千人、死亡者は約1千4百人のぼります。

新型コロナで社会は、世界は大混乱といっていいでしょう。 新型コロナウイルスが怖すぎて、落ち着かない日々が続いている。毎日が不安!

しかし、目の前の怖さが先立ち、他の大きなリスクに目が行かないのも事実ではないでしょうか?

これまでのコロナ感染者数を1日の平均(210日間)にしてみると344人。そのうち死者数は1日6.6人です。

では・・・、日本人の死亡原因の第一は「がん」です。この患者数は年間1,012,000人(2020年予測)、死者数は37万3547人。えっ、1日あたりに換算すると1023人が死んでいる! 

新型コロナとがん.jpg

数字だけで見ると、新型コロナとは比較にならないぐらいの“がんの犠牲者?”
けっして新型コロナが怖くないと言っているのではありません。やはりコロナは気になってしかたがない、でも・・・

日々の健康対策を忘れてしまってはいけないと思います。がんも生活習慣病のひとつ。

日本人の3人に1人は「がんで死亡」。また、2人に1人が「がんに罹って」います。

2人に1人ががんに罹る.jpg

ではなぜ、がんに罹る人と、罹らない人がいるのか?

がん細胞は、元々は、わたしたちの体を構成する細胞です。その正常な細胞の遺伝子が何らかの原因で傷つくと、がん化してしまうのです。

この“がん化”した細胞は、どんな健康な人でも、1日3000〜5000個できているといいます。

一日に5000個.jpg

でありながら、がんに侵される人と侵されない人がいます。それは一言でいうなら、“免疫力の違い”なのです

健康な人の場合、がん化した細胞が発生しても、わたしたちの体内に存在するキラーT細胞やNK細胞といった「免疫細胞」によって取り殺されて排除されてしまいます。

がんとキラー細胞.jpg

ですから、たとえ1日5000個のがん細胞が発生しても、がん細胞はそれ以上増殖できません。

ところが、免疫力が低下すると、すべてのがん細胞を取り殺すことができずに、その中の生き残ったがん細胞が増殖して、本物の“がん”になってしまうのです。

私たちの体には様々な細菌やウイルスが侵入するのを防いだり、侵入したら攻撃し撃退したりする「免疫力」が備わっています。

この免疫力によって、がん細胞も摘み取られ、増えることなく死滅します。このようにして免疫が私たちを“がん”から守ってくれているのです。ちなみにウイルスをやっつけるのも免疫です。


しかしながら、その免疫の力も20歳代でピークを迎え、その後は加齢と共に低下します。そして、がんによる死亡率も年齢が高くなるにしたがって上がってしまうのです。

つまり、がんに罹る要因というのは、正常な細胞の遺伝子が傷ついて“がん化”することと、そうしたがん細胞の増殖を防いでいる“免疫力の低下”という2つのことが考えられるのです。

がんと免疫力.jpg

では、遺伝子を傷つけたり、免疫力を低下させたりする原因とはなんでしょうか?

「がんは遺伝する」ともよくいわれていますが、遺伝の影響は1割にも満たないことがわかっています。それよりも、食事、喫煙、飲酒、ストレスなど、普段の生活習慣や生活環境の影響が大きいのです。

言い換えれば、生活習慣を改善することで、がんを防ぐことが可能なのです
これほど進歩した現代医学においても、がんの完治は難しいとされます。がんに罹る前にがんを予防する(がんに罹らない)ことが肝心です

がんは生活習慣.jpg

マックスピア.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 13:55 | がん予防

牛乳でカルシウムを補給できるは疑問!?

2020年08月31日

カルシウムは5大栄養素の一つ。不足は骨粗しょう症のみならず、免疫力の低下や糖尿病になりやすいなど、わたし達の健康維持に対してひじょうに大きな影響を与えます。

そしてカルシウム補給というと、すぐに牛乳がいいといわれます。本当にそうでしょうか? 

学校給食に牛乳.jpg

乳製品が心臓病に関係

世界29カ国における牛乳・乳製品の摂取量と「虚血性心疾患(心筋梗塞)」の死亡率の関係を調べた研究があります。

その結果(グラフ)をみると、牛乳・乳製品の消費量が多いスウェーデン、フィンランドなどの北欧、またアメリカなどで心臓病による死亡者数が多くな っているのです。

乳製品と心臓病死亡率.jpg

乳製品と乳がんの関係

乳製品の摂取量と「乳がん」の関係を調べた研究があります。世界40カ国で、国ごとの乳・乳製品の消費量と乳がんの発生率の関係を調べたところ、あきらかに乳・乳製品の消費量の多い国ほど、乳がんの発生率が高くなっていました

乳製品と乳がん.jpg

厚生労働省研究班(2008年4月)において次のような調査結果もあります。
牛乳やヨーグルトといった乳製品を多く摂取すると、「前立腺がん」になるリスクが上がる可能性があり、飲む量が最も少ないグループに比べて、最も多いグループのリスクは1.5倍になりました

乳製品の栄養価は?

牛乳をはじめとした乳製品が優れた健康食であるという理由に、たんぱく質、ビタミン、カルシウムなどが豊富であることが上げられています。

必須栄養素と乳製品の栄養.jpg

でも、総合栄養食品として考える場合には必ずしもバランスが良いとは言えません

@カルシウムに比べてリンの含有量が多く、カルシウム吸収には逆効果になる場合がある。
カルシウムとリン.jpg

Aマグネシウムの量が少ない(理想的なカルシウムとマグネシウムの比は2:1)。
B鉄分は、ほぼゼロ。
CビタミンB群が非常に少ない。ビタミンCはゼロ。ビタミンEも少ない。


カロリーや脂肪分が多いという問題もあります。
例えば、牛乳で基準の700mgを摂取しようとすれば、200ml×3杯飲む必要があります。そうなるとカロリーは420Kcal。これはご飯2杯半、あるいはラーメン1杯を食べたのと同じことになるのです。
また、脂肪分については、バターやチーズなどの乳製品に多いことは言うまでもありません。

つまり、牛乳・乳製品を特別な栄養食品やカルシウム補給食品とすることには疑問があるのです。

乳がんと牛乳.jpg

牛乳批判の書籍.jpg

カルシウムを食品で摂ることは、なかなか難しいとされます。
カルシウムは、サプリメントで補給するのが有効な栄養素です。

天然性で体に優しい 沖縄の化石サンゴカルシウム 「珊瑚の恵」

珊瑚の恵60本入り 初回半額でお試しできます。
megumiotamesi.jpg




posted by Dr.ナガシマ at 10:24 | カルシウム

肥満は食事の間違い。ガマンは逆効果!

2020年08月28日

 「やせるにはガマンしないといけないですよね」、「食事を制限するんですね」、「やっぱり、運動しないと」など、、、、ダイエットにつきものの言い方。

でも、みんな間違っています!

正しいことには、、、辛いも、ガマンもありません!
間違っているから辛いのです。

考えてもみて下さい。肥満は正常じゃないから起きる現象なんです。正常だったら肥満なんかにはなりませんね。

そして、肥満に最も影響を与えるのが「食事」なんです。

例えば、痩せるためには必ず運動が必要だと言いますが、現実としては無理です。
かりに42qのフルマラソンを走ったとしましょう。その場合の消費カロリーは約2、500Kcal。それで落ちる体重(体脂肪)はたったの0.3s(300グラム)しかありません。

運動で痩せるのがいかに難しいかです。

一方、「食事」は確実な効果があります。体重ばかりでなく体脂肪も大きな影響をあたえます。
しかも、、、

「正しい食事」は、人体にとって正しいことなので、辛いも、ガマンも、制限もないのです。肥満もメタボも心配ありません。

では、「正しい食事」とは何なのでしょうか?


肥満は現代版の栄養失調

現代人は「肥満環境」の中に生活しているといわれます。大昔であれば、食糧難で栄養不足状態にあったものが、現代ではまったく逆です。私たちのまわりには、いろいろな食べ物が満ちあふれています。今や「飽食の時代」ともいわれています。。

しかも、その中味をみると、カロリーが高く、栄養のバランスも崩れてしまっているのです。

2016年版の「世界栄養報告GNR」によると、肥満または体重過多の割合は世界のほとんどの国で上昇していると報告します。また、体重過多の人、糖分、塩分、脂質、コレステロールの血中濃度が高い人は、肥満のほか、心臓疾患、糖尿病、ガンの発症リスクが高くなっているといいます。

WHO世界保健機関では、現代人の肥満は(栄養バランスの悪い)一種の“栄養失調状態”であると結論づけました。

一方、米ヒルトン・ヘッド健康研究所のミラー博士は、「栄養のバランスさえとれていれば減量できる。肥満は栄養のバランスが悪いために、体のエネルギー代謝効率が低下していることが大きな原因」と述べています。

肥満ロイター.jpg

肥満しない食事のノウハウとは?

実は、肥満の原因は“脳”にあります。

ほとんどの肥満は、これまでの食生活や、あるいは間違ったダイエットによって、栄養のバランスが崩れたり、ストレスになったりした結果、“脳の食欲中枢”に変調をきたして起こっているのです。

食欲中枢の中にある摂食中枢と満腹中枢のバランスが崩れると、たくさん食べても満腹感が得られません。また、ぎゃくに間違ったダイエットなどをすると摂食障害に陥ることもあります。

これに対して、正しい食事は食欲中枢の働きを正常にします。
栄養バランスの良い正しい食事は、メタボの改善や生活習慣病の予防にもつながります。

正しい食事の効果.jpg

自ら体験.jpg

永島例.jpg

この食事法を始めたのは24年前です。その当時の記録がとってありますが、4ヶ月間で10s減量できました。最初の1ヶ月は目立った効果はでてきませんでしたが、その後、体重が減るときはストンと落ちていきました。

なによりも嬉しいのは、夕食をしっかり食べられるようになったこと。それまでは夕食で太ると信じていたので、いつも遠慮して食べていました(それでも肥満していました)。

食事を楽しく食べられて、正常な体重がコントロールできる。しかも、健康にもアンチエイジングにもなる。こんないいことはありませんね!

永島減量記録.jpg
減量の写真.jpg

新藤の例.jpg

運動が得意で中学、高校とバスケットボール部。大学は体育大学。そして、都内の会員制スポーツクラブに就職してインストラクターになりました。この頃の体重は47s〜48sでした。
ところが、この仕事を転職しデスクワークになってからは太っていきました。

今振り返ると、当時は、昼はコンビニの菓子パンと甘い物。夜は中華ファミレス、おそば屋さんなどというように外食が多く、体育大出身でありながら、栄養のこともほとんど考えずに食事はひどかった。このため20代後半には10sオーバーの56sになってしまいました。

20年以上前に、この正しい食事法で減量に取り組みました。もともと料理も食べることも好きなので、『夕食をしっかり食べられる』というのはすごく魅力的でした。

1年で10sの減量になり、体重は46sになりました。その後、その食事法を続けていいて、現在でも43sを維持しています。

ふつうなら中年太りを気にする年齢に入っていますが、この食事法をやっている限り、体重・体型、それも健康も維持できるという安心感があります。

「生涯、健康に適正な体重を維持できる方法です」。

新藤減量の写真.jpg

夕食十分のダイエット法.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 09:52 | 肥満解消